流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社ホテルマネージメントジャパン

【オリエンタルホテル 東京ベイ】お子様の「こんなケーキが食べてみたい!」が現実に 夢のケーキプロジェクト2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

3種の夢のケーキの提供開始!

オリエンタルホテル 東京ベイ(千葉県浦安市 総支配人/森山真也)では、お子様が思い描く夢のケーキをパティシエが作るイベント「夢のケーキプロジェクト2018」を開催。7月21日(土)より、レストラン グランサンクにて、審査を経て選ばれた3種類の夢のケーキの提供を開始致しました。

夢のケーキプロジェクト2018

提供期間:2018年7月21日(土)~8月31日(金)
内容:お子様がデザインしたケーキをホテル内レストランにて提供
店舗:レストラン グランサンク(2階)ランチタイム、並びにディナータイム
問い合わせ:047-350-8561(レストラン予約)

総支配人賞
お名前:田口 愛恵さん 年齢:10歳
提供期間:7月21日(土)~8月3日(金)
<応募のコメント>
かわいいピンクのドレスをイメージしました。いちごたっぷりのあまくてすっぱいケーキです。

グランサンク賞
お名前:HIROさん 年齢:8歳
提供期間:8月4日(土)~8月17日(金)
<応募のコメント>
ロケット型のケーキです。黄色とオレンジの部分はスポンジ、茶色い部分はチョコレートです。

長田ペストリーシェフ賞
お名前:伊藤 花奈さん 年齢:11歳
提供期間:8月18日(土)~8月31日(金)
<応募のコメント>
地球の周りにある宇宙がメインのケーキです。宇宙は綺麗なのでつくってほしいと思いました。

「夢のケーキプロジェクト2018」は、お子様が食べてみたい、作ってほしいケーキの絵を描いて応募、選ばれた3つの作品がベテランのパティシエによって具現化され、レストランのブッフェ内のデザートとして実際に提供されるという夢の実現型イベントです。

4月から5月末までを募集期間に、宝石箱やピアノをイメージしたもの、巨大などんぐり型、宇宙をイメージしたものなど、大人の想像をはるかに超える、楽しくユニークな多数の応募が寄せられました。その後ホテルでは、ケーキの専門家であるパティシエを始め、総支配人、総料理長、レストラン部門、マーケティング部門など、多数の部門のスタッフが集結。喧々諤々、お子様の夢を実現すべく慎重に選考を行い、上記の3種が選ばれたものです。

「お客様にハートフルなひとときを」を企業理念のひとつに、「家族に優しいホテル」を目指すオリエンタル東京ベイは、ご家族のふれあいのきっかけにすることを目的に、又、子どもの明るい未来を支援するオレンジリボン運動の一環として本企画を決定。ご応募いただいたお子様にはブッフェの無料券を贈呈する他、料金の一部を寄付いたします。

長田 学 ペストリーシェフ
辻製菓専門学校フランス エスコフィエ校を卒業後、世界的に知られるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で注目を浴びたショコラティエ「プラリュ」にて研鑽を積み、製菓学校講師を経て1999年パークハイアット東京に入社。2006年からはスーシェフとして勤務。2013年オリエンタルホテル 東京ベイに入社。「パティスリー」店頭用とウエディングケーキ双方を統括。海外や五つ星ホテルで培った経験と感性で多彩なパティスリー商品を展開します。

認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
2001年設立。オレンジリボンの普及を通じて全国的に子ども虐待への関心を広げる啓蒙活動や、制度検討のためのシンポジウムを開催するほか、2004年からは厚生労働省が主催する児童虐待防止対策協議会へもメンバーとして参加。2006年からは「オレンジリボン運動」の総合窓口として多角的な活動を行っています。
https://www.orangeribbon.jp/

レストラン グランサンク
各国の多彩な料理を楽しめる、開放感あふれるブッフェレストラン。
店内6台のモニターからお子様の様子をご覧いただけるキッズルームを併設し、大人から小さなお子様まで、安心してお食事が楽しめます。

オリエンタルホテル 東京ベイ
1995年開業。客室数503室、料飲施設5店舗、大中小の宴会場、
チャペルなどを備える東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテル。
JR京葉線新浦安駅北口直結で、東京ディズニーリゾート(R)まで1駅3分、無料シャトルバスの利用で15分。
https://www.oriental-hotel.co.jp/

オリエンタルホテル 東京ベイは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る