流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

株式会社 大丸松坂屋百貨店

<大丸・松坂屋のサステナブルな取り組み>Think GREENについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

https://dmdepart.jp/think_green/

この秋「エコフ リサイクルキャンペーン」(10月7日(水)~ 大丸・松坂屋11店舗で順次)&「みんなの工作どうぶつ園」(作品募集中)を開催

大丸松坂屋百貨店では、地球温暖化が進み異常気象が多発するなど様々な環境問題を抱えている社会状況を考慮し、環境負荷の少ないサステナブルな商品・サービスを提案する活動「Think GREEN」に取り組んでいます。

その取り組みのひとつであるリサイクル・リユース活動<エコフ>は、ECO活動を通じて、お客様への負担や地球への負荷をOFFする持続可能な参加型プロジェクトです。2016年からスタートした「エコフ リサイクルキャンペーン」では、いらなくなったお洋服やくつ、バッグなどを、大丸・松坂屋店頭にお持ちいただき、回収することで、ご参加いただいたお客様に代わって環境のために役立つ活動をしています。昨秋開催までに計8回実施し、これまでの回収点数は延べ232万点、約702トンに達しました。今回は、コロナ禍の状況での開催を踏まえ、お客様と従業員の安全・安心を第一に考えた、『お気軽に・お得に』エコに取り組める回収方法を実践いたします。また、ご自宅にある不用なもので動物をつくってインスタグラムに投稿していただくオンラインイベント「みんなの工作どうぶつ園」を実施いたします。今後も大丸松坂屋百貨店では、様々な取り組みを通じて「Think GREEN」活動を推進してまいります。

Think GREENの取り組みについて1  

ご不用になった衣料品・くつ・バッグを店頭にお持ちいただくことで、気軽にエコ活動にご参加いただける、「エコフ リサイクルキャンペーン」。今回から、非接触への配慮をした回収BOXを設置いたします。

安全・安心に配慮した回収方法を実践いたします!

Step1:不用品を分別して回収BOXに投入
Step2:自動カウントされた枚数をモニターに表示
Step3:点数分の金券をお渡し
(回収物は、袋をセットした背面のボックスに収まり、袋ごと移動させることができます)

スタッフの安全・安心に配慮したユニフォーム

交換時の感染防止を徹底するためマスク・ナイロンジャンパーを着用

イメージカラーのグリーンで統一

※画像はイメージ

お引き取り1アイテムにつき「ショッピングサポートチケット」を1枚プレゼント!ショッピングサポートチケット(1,000円分)は、レシート1枚につき
税込11,000円のお買いあげごとに1枚、最大9枚までご利用いただけます。
※ご利用対象外売場:食品、レストラン、喫茶、一部化粧品・特選ブランドなど※詳しくは売場係員におたずねください。
一部店舗では、大丸・松坂屋アプリ会員様にはショッピングサポートチケットを「アプリクーポン」(電子クーポン)としてお渡しします。
アプリクーポン対象店舗:<大丸> 心斎橋店・梅田店・京都店・神戸店  <松坂屋> 静岡店
※環境配慮の観点から、チケットによるペーパー資源の消費を少しでも抑えるためにアプリクーポンの発行を行います。

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/25003/table/845_1.jpg ]

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/25003/table/845_2.jpg ]

◆エコフショッピングサポートチケットについて
各店の対象外売場・対象外ブランドおよびチケットポストの設置場所については
エコフ リサイクルキャンペーンサイト(https://dmdepart.jp/ecoff/campaign/)をご確認ください。

【回収品目】
●衣料品・くつ・バッグ(お一人様合計9点まで)
ご不用の衣料品・くつ・バッグ(婦人・紳士・子供)を、各店のエコフ特設カウンターへお持ちください。
お引き取り1アイテムにつき「ショッピングサポートチケット(1,000円分)」を1枚お渡しいたします。
※リサイクルを有効に行えるよう、店頭にお持ちになる前に洗濯をお願いします。
※一度お預かりした品物は、ご返却できません。
※ハンガー・ビニールなどは外した状態で、くつ箱から出した状態でお持ちください。
※ショッピングサポートチケットの有効期限は2020年12月31日(木)まで。ただし大丸札幌店・松坂屋名古屋店は2020年11月30日(月)まで。
※期間中、店頭にお持ちいただいた場合のみの対応となります。郵送での引き取りは承っておりません。

◆対象外◆
くつ下、ベルト、サイフ、革小物、手袋、マフラー、ストール、帽子などの洋品雑貨、肌着、水着、ガウン、きもの、下着、キャリーケース、スーツケース、ぞうり、下駄、サンダル(クロックス含む)など

【開催店舗・回収場所・回収期間】

●メガネ(お一人様合計5点まで)
ご不用のメガネを、以下店舗のメガネ引き取りカウンターへお持ちください。

お引き取り1アイテムにつき「ショッピングサポートチケット(1,000円分)」を1枚お渡しいたします。
※一度お預かりした品物は、ご返却できません。
※ショッピングサポートチケットの有効期限は2020年11月30日(月)まで。
※期間中、店頭にお持ちいただいた場合のみの対応となります。郵送での引き取りは承っておりません。

対象外 伊達メガネ・破損メガネなど、一部除外品がございます。

【開催店舗・回収場所・回収期間】
松坂屋名古屋店 北館5階 メガネサロン
10月28日(水)→11月1日(日)

お引き取り1アイテムにつき
「メガネサロンでお使いいただけるクーポン」と「ショッピングサポートチケット」を1枚プレゼント!

メガネサロンでお使いいただけるクーポンは、レシート1枚につき税込11,000円以上のメガネサロンでのお買いあげにお使いいただけます。(※ただし、特価品など一部除外品がございます。)

●ショッピングサポートチケットは、レシート1枚につき税込11,000円のお買いあげごとに1枚お使いいただけます。
●食品、レストラン、喫茶、一部特選ブランド・売場を除きます。詳しくは売場係員におたずねください。
●1回のお買いあげにつき9枚までのご利用とさせていただきます。
※ 回収場所は各店舗の営業時間に準じています。

※ご注意 衣料品・くつ・バッグの大量持ち込みなど、エコフ企画趣旨と著しく異なると当社が判断した場合は、受取りをお断りさせていただく場合がございます。

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/25003/table/845_3.jpg ]

Think GREENの取り組みについて2

空き箱、紙袋、ペットボトル…。

おうちにある不用なもので動物をつくって投稿しよう!

優秀作品には素敵な賞品を差し上げます。

さらには、みんなの工作どうぶつを集めた動物園もこのサイト内に開園予定!

たくさんの創造力をお待ちしています。

※お客様からのご投稿1件につき100円を、大丸松坂屋百貨店より「ジャイアントパンダ保護サポート基金」に寄付いたします。(寄付金額上限は、10万円とさせていただきます。)

合計25名様に賞品をプレゼント!

審査員賞

BRUNO コンパクトサイズ ホットプレート
食卓の邪魔にならない2~3人用の
丁度いいサイズ感で、テーブルの上に
料理をそのまま出しても食卓に馴染みます。

その他、参加いただいた方の中から抽選で20名様にGREEN賞をご用意。
(商品内容は後日お知らせ)

<審査員のご紹介>
恩賜上野動物園園長
福田 豊氏
1984年、東京都庁に入都。
動物の適正飼養、人畜共通感染症予防など動物の飼育管理に関する業務に従事した後、葛西臨海水族園長、多摩動物公園長等を経て、平成29年(2017)年4月から恩賜上野動物園長を務めている。
また、平成28(2016)年5月から(公社)日本動物園水族館協会の会長を務めている。

イラストレーター
アレッサンドロ・ビオレッティ氏
1986年生まれ、イタリア トリノ出身。
子どもの頃に祖父が持っていた70年代に出版された日本の写真集がきっかけで、日本に興味を持つ。16歳から日本語の勉強を始め、2015年に初来日。デザイン事務所を経てイラストレーターとして独立。広告、漫画、絵本など、幅広いメディアで活動中。大丸松坂屋では、Think GREENやECOFFのキャラクターデザインを担当している。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。

<参加方法>
募集期間:2020年9月25日(金)→10月31日(土)23:59まで
投稿方法:おうちにある不用なもので動物をつくります。完成したら写真撮影してください
1.インスタグラムのThink GREENオフィシャルアカウント(@think_green_dm)をフォロー
2.動物名と「#工作どうぶつ園」「@think_green_dm」をつけてインスタグラムに投稿してください
3.結果発表:審査員賞は「動物の特徴や表情の捉え方」「造形のユニークさ」「素材や色の使い方」などを基準に2人の審査員が選出。11月中旬、サイトで発表いたします。
抽選の当選者にはインスタグラムのダイレクトメッセージでご連絡いたします。
詳細はこちら→https://dmdepart.jp/think_green/athome/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る