流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

サッポロホールディングス

「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」に認定

このエントリーをはてなブックマークに追加

~健康経営中期計画を策定し、全従業員の健康維持増進の取り組みを強化~

サッポロホールディングス(株)ならびにグループ企業のサッポロビール(株)、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)、(株)サッポロライオンは、経済産業省が健康経営銘柄に準じた先進的な企業を選ぶ「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」の認定を受けました。サッポロホールディングス(株)、サッポロビール(株)は3年連続、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)および(株)サッポロライオンは2年連続の認定となります。

サッポログループでは、長期経営ビジョン「SPEED150」の中で「最大の財産は人財であり、グループの人財が、心身ともに健康で、元気で明るく前向きなエネルギーをもって新たな領域に挑戦・越境し、サッポログループで働いていてよかったと思える企業を目指す」ことを掲げており、「健幸創造宣言」を策定し、働き方改革と併せてグループ全従業員の健康維持増進に向けた取り組みを行っています。昨年は全国に配置した保健師との連動等により、生活習慣病健診の受診率が向上するなど一定の成果をあげています。
本年は「2019年-2022年健康経営中期計画」を策定し、「いのちを守る」「健康を増進する」「違いをつよさにする」という目的のもと、健康増進につながる活動を強化しています。また、新たにグループをあげてたばこ対策の取り組みを進めることとし、「サッポログループたばこ対策に関するメッセージ」を発信し、本日2月22日より毎月22日を「禁煙の日(スワン・吸わんの日)」と定めました。禁煙への動機づけ、喫煙量の減少を目指すとともに、2月より「オンライン禁煙治療プログラム」を試行し、グループをあげてたばこ対策の取り組みを進めています。

今後もサッポログループ全従業員の健康増進に向けて、さらなる取り組みの強化を図っていきます。

■健康経営中期計画(2019年-2022年)

■サッポログループたばこ対策に関するメッセージ

サッポログループは、健幸創造宣言に基づき、2019年より「たばこ対策」の取り組みを進めていきます。「たばこ対策」に取り組むことは、従業員一人ひとりの健康を守ることに繋がります。
また、受動喫煙を防止していくことで、健康的な職場環境の整備を目指します。
広く「食」に携わる企業として、たばこ対策に取り組むことは、お客様の信頼を高めることにつながると考えています。
サッポログループは、従業員・その家族・会社の幸せ、そしてお客様の幸せのために、健康経営に取り組みます。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る