流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社資生堂

オールインワンの美容液状マスク 「ベネフィーク リペアジーニアス」が手軽に試せる3包セット登場 ~2019年7月21日(日)数量限定発売~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 資生堂は、化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」から、美容液状マスク「ベネフィーク リペアジーニアス 3P」【全1品目1品種/ノープリントプライス】を2019年7月21日(日)に数量限定で発売します。

◆ 2018年7月に、オールインワンの美容液状マスク「ベネフィーク リペアジーニアス」を発売。洗顔後に1包つけて寝るだけの簡単お手入れステップと、リペアコンセントレート成分※1 配合の濃密な美容液がマスクのように肌を密封し、集中ケアする商品特長が支持を得ています。
◆ 今回、手軽に試せる3包入りトライアルセットを数量限定で発売します。

※1 イチョウ葉エキス・ベニバナエキス・グリセリン:保湿

《発売背景と商品特長》
 ベネフィークは、女性の疲れと肌に関する意識に着目。疲れ切った金曜日の夜は、時短の集中ケアアイテムで肌をお手入れして、とにかく早く寝たいという意識を捉え、洗顔後、1包つけて寝るだけのオールインワンの美容液状マスク「ベネフィーク リペアジーニアス」を2018年7月に発売しました。
 「ベネフィーク リペアジーニアス」は、リペアコンセントレート成分※1 配合の濃密な美容液がマスクのように肌を密封し、集中ケア。ダメージを積み重ねがちな肌に、うるおいとともに曇りのない透明感となめらかさを与え、化粧のりのよい肌へと導きます。また、ピコモイスチャー技術と潤環美容成分※2 を搭載し、角層のすみずみまで美容成分を浸透させ、うるおい環境を整え、美しさを引き出します。夜の「タイムチューン」※3 にも着目。「お疲れさま」のあなたに心地よいリセットタイムをサポートするスペシャルアイテムです。
 発売以来、洗顔後に1包つけて寝るだけの簡単お手入れステップと濃密な美容液が肌を密封し、集中ケアする商品特長に加え、気分を穏やかに解きほぐすような心地よい香りに好評の声をいただいています。
そこで今回、手軽に試せる3包入りトライアルセットを数量限定で発売します。
※2 ケイヒエキス・サイコエキス・カスムナールエキス・グリセリン:保湿
※3 日中・夜間それぞれに変化する皮ふ機能のリズム。

【商品一覧】
<商品名>ベネフィーク リペアジーニアス 3P【数量限定品】
<分類>美容液状マスク
<容量>1.3mL×3包
<価格>ノープリントプライス

【商品概要】
■商品名・容量・価格

ベネフィーク リペアジーニアス 3P
<美容液状マスク>

1.3mL×3包
ノープリントプライス
【数量限定品】

■商品特長
目覚めとともに気づく、感動の肌へ
リペアコンセントレート成分※1 配合の濃密な美容液が肌を密封。
ダメージを積み重ねがちな肌に、うるおいとともに曇りのない透明感と
なめらかさを与え、化粧のりのよい肌へと導く、オールインワンの美容液状マスク。

○うるおいをめぐらせ曇りのない透明感となめらかさを与え、化粧のりのよい肌に導きます。
 ―リペアコンセントレート成分(イチョウ葉エキス、ベニバナエキス、グリセリン:保湿)
 ―潤環美容成分(ケイヒエキス、サイコエキス、カスムナールエキス、グリセリン:保湿)

○濃密な美容液がマスクのように、なめらかに肌を密封します。
 ―ヒアルロン酸(保湿)

○角層のすみずみまで美容成分を浸透させます。
 ―ピコモイスチャー技術を搭載

○気分を穏やかに解きほぐすような優雅で心地よいフローラル・フローラルの香り。

○アレルギーテスト済み。
 (全てのかたにアレルギーが起きないというわけではありません。)

■使用法
●いつもの化粧水、美容液、乳液などのスキンケアに置き換えてお使いください。
●洗顔後、手のひらに全量をとり、顔全体にむらなくぬり広げます。
※肌に完全になじませる必要はありません。30分ほどで自然になじみます。
※その後洗い流す必要はありません。
※夜のご使用をおすすめします。朝もお使いいただけます。
●週1回を目安にお使いください。

▼ ベネフィーク ブランドサイト
http://www.shiseido.co.jp/benefique/?rt_pr=trd77

▼ ニュースリリース
https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002683&rt_pr=trd77

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
https://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=trd77

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る