SEARCH
主婦の友社、書籍「33歳年収600万円のサラリーマンが『芦屋』に家を建てるまで」を発行

主婦の友社は、書籍「33歳年収600万円のサラリーマンが『芦屋』に家を建てるまで」を、7日に発行した。価格は1260円。

「33歳年収600万円のサラリーマンが『芦屋』に家を建てるまで」は、ごく平凡なサラリーマンでありながら、33歳にして関西の一等地に土地を取得し、一戸建てを建てた著者のドキュメント書籍。阪神淡路大震災で住まいを失った経験から、「リスクに備え、今を楽しむ生活設計」の必要を感じた著者が、考え抜き、行動したこととなどが紹介されている。

また、結婚と同時に中古の戸建てを購入したことを機に、独学でファイナンシャルプランを学ぶなどの記録を丹念に綴っており、自己責任時代・不安定な時代に関心が集まっている「ライフプラン」・「マネープラン」とは一体どんなものか、その中心となる住宅購入はどのようなスタンスで臨めば良いのか、家族と幸せに生きていくために不可欠な知恵を、著者の経験を通じて知ることができる。人生設計へのヒントがたくさんつまった家づくりストーリーとなっている。

さらに、不動産購入を考えるときに多くの人が遭遇する、ローンを組んで住宅を購入する際に「いつ売っても、災害に遭っても借金だけは残らない」ようにするための7つの確認ステップや、不動産業者や建築事業主の見極め方、固定金利を選ぶのか変動金利かなど、実用的な考え方も豊富な内容。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable