SEARCH
毎年恒例トリンプ“世相反映ブラ”今年は女性鋳物職人や鍛冶師とコラボの「女性維新ブラ」

毎年恒例のトリンプ“世相反映ブラ”が本日発表!“世相反映ブラ”は、トリンプがその年の時流や話題をテーマに、自由な発想で製作するブラジャーのことで、毎年私たちの度肝を抜くような超個性派ブラが登場している。

今回製作されたのは、「女性維新ブラ」。世界経済フォーラムが発表した男女平等度ランキングで、日本は“先進国中最下位”と評価されたことを受け、社会に果敢に挑む女性たちの“革命・維新”をテーマに、男性社会で活躍する女性職人とのコラボレーションを実現した。

「女性維新ブラ」は、ブラジャーのカップ部分に女性鋳物職人、杉原優子氏が型から製作した錫製の曲がるカップを使用。バストの丸みに合わせて曲がり、どんな女性のバストにもジャストフィットする。カップは、日本女性をイメージした桜の花びらをモチーフにしたオリジナルデザイン。花びらがつながった透かし仕上げは、女性職人ならではの繊細さを感じさせる。

また、ブラジャーのおなか部分は、女性鍛冶師の岡本友紀氏が軟鉄から製作した作品をおなか押さえとして採用。ブラジャーのカップに合わせて桜の葉や枝をイメージしてかたどられた「維」と「新」の文字がデザインされており、2つ並べると「維新」が完成。さらにブラジャーのストラップには、オリジナルデザインの桜のチャームを使用し、社会で戦う女性の鎧を表現している。また、ブラジャーのサイドにはミラーと櫛を装備。バストを脇から寄せてボリュームアップし、社会で戦いながらも美しさを忘れない女性たちを応援している。

もちろん実際着用するとなるとかなり難点はありそうだが、今回も期待を裏切らないユーモラスで個性的なブラに仕上げられている。来年はどんなブラになるのか、今から楽しみだ。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable