SEARCH
働き女子の義理チョコ事情!お悩みは「低価格でも見栄えのするものがないこと」

バレンタインまで1カ月を切った!日経ウーマンオンラインでは、働く女性のバレンタイン義理チョコ事情を調べるため、アンケート調査を実施。多くの働き女子が、義理チョコについて、さまざまな悩みを抱えていることがわかった。

同調査において、バレンタインに、会社の上司や仕事関係の男性に「義理(お仕事)チョコ」を贈ったことがあるか聞いたところ、「ほぼ毎年あげる」と答えた人は41.2%、「時々あげる」と答えた人は17.7%と、「贈る派」は6割(58.9%)にも上ることがわかった。

義理チョコをあげる相手の数は平均8.4人。なんと「200人」(1名)と回答した人も!

義理チョコの1個あたりの予算については、「500~1000円未満」と答えた人は44.2%、「500円未満」は39.3%と、1000円未満が合計83.5%に。「お世話になっている人に感謝の気持ちは伝えたいけれど、贈る相手も複数におよぶことが多いだけに、なるべく出費は控えたい」という複雑な女ゴコロが伝わってくる結果となった。

また、感謝の気持ちを伝えるため、働く女性が実践している工夫を聞いたところ、「1人に1つずつ(チョコを贈る)」「手作りのメッセージカード(を添える)」といった声が聞かれた。

一方、義理チョコ選びの2大お悩みは、「低価格でも見栄えのするものがないこと」、「甘いものが苦手は人には何を贈ればいいかわからない」ということ。

通販サービス「日経ウーマンオンライン ショップ」では、そんなお悩みを解決するバレンタインチョコやギフトを紹介。低価格でも味やパッケージにこだわったコストパフォーマンスの高いチョコや、甘いものが苦手な人向けのギフトをはじめ、とっておきのバレンタインアイテムなどをセレクトしている。

義理チョコでもセンスのよさをアピールしたいという人は、是非こちら(http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20131209/168721/)をチェックしてみて!

【調査概要】
・調査名:バレンタインに関する意識調査
・調査期間:2013年10月11日~10月31日
・調査対象:日経ウーマンオンライン読者の20~40代女性277名(全国)
・調査方法:インターネット調査



rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable