SEARCH
洋上でマスター・ショコラティエが作るチョコを堪能!贅沢な新クルーズプログラム開始


プリンセス・クルーズは、世界的に高い評価を受けている、マスター・ショコラティエ兼ペーストリー・デザイナーのノーマン・ラブ氏が手掛けるチョコレートを、クルーズ上で堪能できる新たなプログラム「チョコレート・ジャーニー」を提供する。

ノーマン・ラブ氏は、多数の受賞歴を誇るマスター・ショコラティエ。有名な消費者評価誌において13回も高い評価を得ており、そのうち6回は「米国内最高のウルトラ・プレミアム・チョコレート」に選出されている。

「チョコレート・ジャーニー」では、船内のメイン・ダイニング、スペシャリティ・レストランにてラブ氏による15種類のチョコレート・デザートを、また客船のワイン・バー「ヴァインズ」ではチョコレートとワインのペアリングの体験ができる。船内の全てのラウンジやバーではさまざまな種類の魅力的なチョコレート・ドリンクを提供し、フォーマル・ナイトのディナー用デザートには、ラブ氏が創作した一口サイズのチョコレート・スイーツを用意する。

その他、プリンセス・クルーズのパティシエたちがチョコレート・スイーツ作りを実演するイベントも開催。船内のロータス・スパでは、チョコレートを用いた「チョコレート・スパ・トリートメント」も実施する。

ラブ氏による船上でのチョコレート体験は、今秋、最新船「リーガル・プリンセス」初の東カリブ海クルーズに初登場し、その後2015年の1年間にわたって、プリンセス・クルーズの全客船で展開していくとのこと。家族や友達、恋人と一緒に、甘く贅沢な休暇を過ごしてみては?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable