SEARCH
みんなが大好きな唐揚げ弁当を徹底比較!コスパが最も良い店はいったいどこ?!

コンビニの惣菜コーナーやお弁当屋さんの定番、唐揚げ弁当。なんとなく買っている人も多いと思うが、コスパが良いのはどれか、疑問に感じたことはないだろうか?

そんな素朴な疑問を、日本最大級の住宅・不動産専門サイト「オウチーノ」の編集部が徹底調査。気になるその結果とは…?

まずここで驚くべき事実が!シェアNo.1コンビニ「セブンイレブン」では唐揚げ弁当が売られていないことが判明。そこで、弁当専門店は「ほっともっと」と「オリジン弁当」が、コンビニは「ファミリーマート」と「ローソン」がエントリー。

まずは、価格について。最も安いのは「オリジン弁当」の399円。次いで「ファミリーマート」と「ローソン」の430円。「ほっともっと」は470円という結果だった。

では、ボリュームはどうだろう?全体の重量が最も重いのは、「ほっともっと」の496.6グラム。次いで「オリジン弁当」の401.6グラム、「ローソン」の391.6グラムと続き、「ファミリーマート」は375.0グラムだった。

唐揚げだけの重さを比べたところ、最も重かったのは、やはり「ほっともっと」の158.0グラム。次いで「オリジン弁当」の144.1グラム。「ファミリーマート」は119.3グラムで、「ローソン」は112.5グラムという結果に。

最後に、弁当全体のコスパをチェック。各社の唐揚げ弁当の「1グラムあたりの料金」を算出したところ、最も安かったのは「ほっともっと」(0.95円)、次いで「オリジン弁当」(0.99円)。その次が「ローソン」(1.10円)、もっともコスパが悪いのは「ファミリーマート」(1.15円)という結果に。

また、唐揚げだけのコスパをチェックしたところ、最も良いのは「オリジン弁当」、次いで「ほっともっと」、「ファミリーマート」、「ローソン」と続いた。

つまり、唐揚げ弁当をおトクにたっぷり食べたいなら、弁当専門店の唐揚げ弁当が良さそう!ということが判明。この調査について詳しく知りたい人はコチラ(http://www.o-uccino.jp/article/archive/omoshiro/20150917-karaage/)をチェック!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable