SEARCH
自家製の二八蕎麦に舌鼓!東京・向島に江戸蕎麦屋が誕生

江戸時代から花街として栄え、未だに料亭、置屋、和菓子店が多く軒を連ねる東京の花街・向島。

社寺や文豪の名所が多く残る土地で、夕暮れにはお座敷へ向かう芸妓衆が江戸の風情を感じさせる、観光スポットとしても注目されている街。

そんな向島に、蕎麦屋「江戸蕎麦 僖蕎(えどそば ききょう)」が、4月1日(土)にオープンする。

店名の由来は、日本伝統色である“桔梗色(ききょういろ)”にちなみ、そこに“人を喜ばせる”場にある、“蕎麦”という意味を込めて「江戸蕎麦 僖蕎」と名付けたという。

東京のモダンを感じさせる洗練された店内では、和食の職人が丹精込めて作った自家製二八蕎麦を江戸伝統の辛めのかえしとともに味わうことができる。

ランチには職人手仕事の蕎麦前とともに楽しめるセットメニューを、



夜には「かき揚げ」など、旬素材を使ったこだわりの蕎麦前や、店長厳選の地酒や日本酒を用意する。

また、季節に合わせて旬素材とともに楽しむ冷蕎麦、温蕎麦や、

職人が作る季節の蕎麦前と蕎麦を楽しむコースも。

料理を彩る食器はすべて特注のものだとか。

個室も用意し、家族の食事や接待など、幅広く利用できる。江戸の粋を東京のモダンな空間で感じるひととき。江戸蕎麦をご堪能あれ!

■『江戸蕎麦 僖蕎(えどそば ききょう)』
住所:東京都墨田区向島5-27-10 Sビル

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable