流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

米国最古の蒸留所が造るプレミアム バーボン・ウイスキー

このエントリーをはてなブックマークに追加

Rémy Cointreau Japan(レミー コアントロー ジャパン)から、Buffalo Trace(バッファロートレース)蒸留所が造るプレミアム バーボン・ウイスキー「E.H. テイラーJr.」の3種「E.H.テイラーJr. スモール・バッチ」、「同 シングル・バレル」、「同 ストレート・ライ」が11月28日(月)から登場。

蒸留所O.F.C(Old Fashioned Copper)を設立したエドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニア大佐(Colonel Edmund Haynes Taylor, Jr.)の功績を称えて発売されたシリーズ。

選び抜かれた樽で造られる「E.H.テイラーJr. スモール・バッチ」(750ml/50度/税別8500円)は、Paul Pacult’s Spirit Journal 5つ星(最高評価)に輝く一品。

「E.H.テイラーJr. シングル・バレル」(750ml/50度/税別9500円)は、100年以上前のE.H テイラー オリジナルボトルデザインのオマージュ。2016 Los Angeles International Spirits CompetitionでBest of Category(金賞)を受賞した。

ライ麦と大麦麦芽だけを使った「E.H.テイラーJr. ストレート・ライ」(750ml/50度/税別1万500円)は、100年以上前にE.Hテイラーが造り上げたスタイル。Paul Pacult’s Spirit Journal5つ星(最高評価)を獲得。

エドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニア大佐はバーボン・ウイスキー業界の父と称される人物。アメリカ最古の蒸留所が造り出すバーボン・ウイスキーの実力を堪能してみたい。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事