SEARCH
“蜷川実花の花”を纏う!「M / ninagawa」の浴衣が登場

写真家・映画監督の蜷川実花氏のディレクションブランド「M / mika ninagawa」。2016年に発表した和装ウェディングは話題を巻き起こしたが、今年は三越伊勢丹限定で浴衣が登場。

6月28日(水)~7月4日(火)は伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで、7月5日(水)以降は同7階=呉服で取り扱う。

蜷川氏の写真を小松精練の世界最高のインクジェットプリント技術を活用して作り出されたテキスタイルの花を中心に、10種類の柄をラインアップ。

白地にビビッドカラーの花々が散りばめられ、あたりの景色まで明るくなりそうなキュートなデザインの一枚(「婦人仕立て上りゆかた」4万6980円、「半布帯」1万9440円)や、

品のある藤色を基調にして、さまざまな植物が映し出された幻想的な印象が漂うデザインのもの(「婦人仕立て上りゆかた」4万6980円、「半布帯」1万9440円)など。

“蜷川実花の花”を身に纏い、今年は素敵な夏を満喫して!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable