SEARCH
タニタカフェ監修!オーガニック原材料でヘルシー志向の豆乳


近年、ますます高まりを見せるヘルシー志向。多くのオーガニック食品がスーパーの棚に並び、商品数は増加傾向にある。そんな中、今回「タニタカフェ」が監修した「調製豆乳」「無調整豆乳」が登場する。

「タニタカフェ」は、健康総合企業のタニタが、タニタ食堂で培ったノウハウを生かして展開する新業態。「楽しく」「リラックス」をテーマに、流行を意識した新しいヘルシーフードも積極的に取り入れ、幅広い層に対して健康に触れる場を提供している。

そんな「タニタカフェ」監修の「タニタカフェ®監修 オーガニック調製豆乳」は、有機大豆、オーガニックシュガー、フランス産ロレーヌ岩塩の3種類の原材料のみを厳選して使用した豆乳で、ナチュラルで飲みやすい味わいが特長。

また、「タニタカフェ®監修 オーガニック無調整豆乳」は、有機大豆のみを使用し、大豆固形分10%で飲みやすさを追求した味わいとなっている。どちらもOCIA認定の有機JAS商品として、美味しさだけでなく、安全面にもこだわった。

「タニタカフェ®監修 オーガニック調製豆乳」「タニタカフェ®監修 オーガニック無調整豆乳」ともに、1000ml:320円(税抜)/200ml:110円(税抜)がラインナップされており、9月12日(火)から全国で発売中。

食事のお供として、また料理への使用など、幅広いシーンで楽しめる豆乳シリーズ、ぜひお試しあれ!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable