流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

新年は王様のお菓子「ガレット・デ・ロワ」でお祝い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガレット・デ・ロワ
「ガレット・デ・ロワ」とはフランスの伝統菓子で、新年のお祝いには欠かせないものだ。オリエンタルホテル東京ベイは、パティスリーによる新年を祝うフランス伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」(王様のお菓子)を2018年1月1日(月・祝)~31日(水)の期間限定で販売する。価格は2000円(税込)。

「王様のお菓子」を意味する「ガレット・デ・ロワ」の中にはフェーブと呼ばれる陶器の人形が入っている。切り分けた「ガレット・デ・ロワ」に人形が入っていた人が王様(女王様)となり、王冠をかぶって祝福を受けるというのが伝統的な楽しみ方で、この一年を幸せに過ごせるという言い伝えがある。

ガレット・デ・ロワ

今回「ガレット・デ・ロワ」を作るのは、世界的に知られるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で注目を浴び、ショコラティエ「プラリュ」にて腕を磨いたベストリーシェフ・長田学氏だ。

バターたっぷりのサクッと香ばしいパイ生地で、しっとりとしたアーモンドクリームを包んだ「ガレット・デ・ロワ」。フェーブの代わりに一粒のアーモンドが入っていて、アーモンドを得た人が王様(女王様)となる。王冠と陶器のフェーブは別にして渡す。

家族や仲間たちとの集まりに1年の幸運をつかむ「ガレット・デ・ロワ」で新年をお祝いしてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事