流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

1000匹の金魚が舞う空間!「東京金魚ワンダーランド2018」

このエントリーをはてなブックマークに追加


梅雨の時期が過ぎると、いよいよ本格的な夏がやってくる。夏の風物詩と言えば、かき氷やうちわなどが思い浮かぶが、眺めているだけで心が癒されるのが、涼しげに泳ぐ金魚たちの姿だ。

東京スカイツリータウン内にあるすみだ水族館では、6月30日(土)~9月30日(日)の期間、約1000匹の金魚を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」を開催中。

江戸をテーマにした金魚展示エリア「江戸リウム」は、全長約100メートルの日本最大級の金魚展示エリア。色も形もさまざまな金魚とともに、金魚ちょうちん発祥の地・山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作する100個の金魚ちょうちんが照らす幻想的な空間「金魚ちょうちんトンネル」などが楽しめる。


また、世界の金魚たちが集まる「世界の金魚ビアホール」では、世界4カ国5種の金魚の紹介とともに、同じ土地で生まれたビールを味わうこともできる。


6Fテラススペース付近で開催される、黄色・茶色・青色など、さまざまな色の金魚を鑑賞できる「金魚いろくらべ」の特別展示も見逃せない。※こちらは7月9日(月)から。


5Fペンギンカフェでは、金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを入れた、爽やかな甘さのドリンク「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」750円(税込)の期間限定メニューも。かわいい金魚鉢型の容器は持ち帰ることも可能だ。

今年の夏は、世界から集まる色とりどりの金魚を眺めながら、のんびり涼しげな時間を過ごしてみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事