流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

京都の雑貨マルシェ「夏の京もの雑貨市」が代官山にオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月10日(火)~17日(火)の期間、「代官山T-SITE GARDEN GALLERY」に雑貨マルシェ「夏の京もの雑貨市」がオープンする。開催時間は、11時~18時 (最終日は17時まで)。京都の雑貨メーカー4社が集まるPOPUPSHOPで、京都の空気を感じてみない?

「夏の京もの雑貨市」に出店するブランドは、「京東都」「青衣」「京都烏丸六七堂」「袋う」の4社。

ニッポンの伝統=「京都」と、ニッポンの今=「東京」を掛け合わせた言葉をブランドネームとする「京東都」には、京都の刺繍工房が作る刺繍製品が登場。粋でおしゃれな小物に気分もアガる。


京都のしっかい屋「ウイルビー」と京都のデザインユニット「スリーミン」がはじめたテキスタイルブランド「青衣」には、コットンやガーゼ、藍染の抜染、捺染などの独特な風合いや素材感はそのままに、色鮮やかで個性的な“ニッポンの風景”の絵柄を組み合わせたファッションアイテムが並ぶ。


「京都烏丸六七堂」は、貼り絵の手法を使った和文具ブランド。日本の四季や風習をモチーフにしたデザインは、紙だからこそできるモノとカタチを提案している。


“袋モノ”を中心に展開する「袋う」は、和装用品の工房「加藤良」が立ち上げたブランド。日本の伝統と技術を生かして作られた、巾着やがま口、現代の生活スタイルにあわせたバッグやポーチなどが揃う。

世界中から観光客が集まる京都の魅力的な雑貨を、代官山で実際に手に取って確かめてみて!

■「代官山T-SITE GARDEN GALLERY」
住所:東京都渋谷区猿楽町16-15

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事