流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

8/11・12開催!「房総のむら」で江戸風情溢れる夏のお祭り

このエントリーをはてなブックマークに追加


成田空港からほど近い千葉県立「房総のむら」で、8月11日(土・祝)・12日(日)に「むらの縁日・夕涼み」が開催される。

「房総のむら」は、江戸時代から明治時代の建物が再現された「商家の町並み」や、茅葺屋根の「武家屋敷」・「農家」などの江戸情緒溢れる風景の中で、房総地方の歴史や伝統技術が学べる体験型博物館。


この施設で開催される「むらの縁日・夕涼み」では、特別イベントとして、「見世物肝試し」や「天狗様」などの大道芸や、怪談師による「大人向け怪談話」の上演など、催しが盛りだくさん。夜には毎年恒例の花火の打ち上げも予定されている。


特別イベントのほかにも、縁日ならではの「射的」や「楊弓」、「金魚すくい」なども登場。また、体験だけでなく房総のむらの炭を使って焼く「焼きトモウロコシ」や、房総のむらで栽培したじゃがいも・大麦を使った「みそポテト」「麦茶」などの販売も。


「むらの縁日・夕涼み」期間中は開館時間を延長し、20:00まで開館。入館料は一般300円、高・大学生150円(16:30以降は100円)で、浴衣(甚平含む)を着て来店すると入場無料に!

ちょうどお盆前のお出かけシーズンでもある時期。レジャーの帰りや帰省前の立ち寄りなど、気軽に訪れても楽しそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事