流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

今年は“明治”150年!明治を学ぶ特別展が国立公文書館で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本が近代国家への大きな一歩を踏み出した躍動の時代、“明治”。

今年・平成30年は“明治”元年から起算して150年目の節目の年にあたるそう。それを記念したイベント、特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が、9月22日(土)~11月4日(日)の期間、東京・千代田区の国立公文書館で開催される。

国立公文書館や全国の関係機関が所蔵している約70点の貴重な資料とともに、近代日本の礎を築いた明治前半期について、この機会に学んでみるのはいかが?

本展では、ストーリー性のある3部構成で明治初期に起こった激動の流れを紹介。


第1部「明治維新と新たな国づくり」では、「廃藩置県の詔」を収録した文書などを通じて、近代国家を形成した明治日本の軌跡をたどる。


第2部「立憲政治への道のり」では、「大日本帝国憲法」の公布原本や「国会開設の勅諭」などの資料を中心に、政府が立憲政治の導入に邁進した道のりと、その背景にあった「不平等条約」の改正という外交課題を紐解く。


第3部「近代文化の形成」では、文学や芸術、建築、初の鉄道の開業など、西欧文明が日本人の生活に少しずつ浸透していった様子に触れることができる。

そのほかにも、目玉企画がもりだくさん!

10月20日(土)10:00~12:00/13:00~16:00には、会場に隠されたヒントを元に謎を解いて明治時代からの手紙を解読する体験型“謎解きゲーム”を実施。


また開催期間中の木・金曜日の日没後には、展示会の世界観をリアルに体験できる“プロジェクションマッピング”イベントも開催。

さらに日本と西洋の文化が混在した明治時代を表現した“書道アート”のフォトスポットも登場し、楽しみながら「明治」を学ぶことができる。


貴重な公文書原本を見ながら、日本の近代化の動きについて理解を深めることができる特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」。閲覧料は無料なので、気軽に足を運んでみて!

『国立公文書館 ホームページ』( http://www.archives.go.jp/ )

■「国立公文書館」
住所:東京都千代田区北の丸公園3−2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事