流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

旅も食も楽しめて2倍おいしいエッセイ集「美食紀行」刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加

白洲正子の孫・白洲信哉氏による、旅と食のエッセイ集「旅する舌ごころ」が刊行される。

今年は、随筆家・白洲正子没後20年。今回刊行される「旅する舌ごころ」は、白洲正子の孫である文筆家・白洲信哉氏による、旅と食のエッセイ集。白洲次郎・正子、小林秀雄の思い出とともに、ゆかりの地を巡る「美食紀行」だ。

京都、鎌倉、北陸、英国、ヨーロッパなど、旅の地で出会った食の恵みを旅の思い出とともに紹介。

父方の祖父母・白洲次郎と正子、母方の祖父・文芸評論家の小林秀雄とのとっておきのエピソードも数多く登場。巻末には、白洲家ゆかりの食材、器などが購入できる、お取り寄せリスト付き。

「旅する舌ごころ」(A5判160ページ)1600円(税別)は、11月8日(木)より紀伊國屋書店、楽天ブックス、ヨドバシ.com、Amazon、honto、オムニ7で購入が可能。

思い出深いエピソードと一緒に、実際に食を味わう楽しみ方もできるので、それぞれのファンはもちろん、美食家の人にもおすすめしたい一冊だ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事