流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

スリムなのにインクたっぷりな“消せる3色ボールペン”が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ユニボール R:E」シリーズは、摩擦熱によってインクが無色になる“消せるボールペン”。このたび同シリーズから、軸径12.7mmのスリムな軸にインクがたっぷり入った消せる3色ボールペン「ユニボール R:E3」全6種/500円(税抜)が発売される。

通常、多色ボールペンは複数色のリフィルを搭載するために単色のシングルタイプと比べて軸が太くなるが、「ユニボール R:E 3」は、今回新たに開発した「回転セレクトノック機構」と金属製のリフィルを搭載し、握りやすくデザイン性に優れたスリムな軸を実現している。


「回転セレクトノック機構」は、軸を回転させて使いたい色を選び、軸後端をノックして芯を繰り出す新しい機構。従来のように使う色のノック棒を探さなくても、最も使用頻度の高い色をあらかじめセットしておけば、ノックするだけで使用することができる。また金属製のリフィルにしたことで、多色用の細いリフィル径でもインクをたっぷり搭載することが可能になっている。


ほかにも、軸デザインにドナルド・ミニー・ミッキーのディズニーキャラクターを描いた「ユニボール R:E 3/ディズニー」全3種/各600円(税抜)も同時発売。社会人がオフィスでも使いやすいよう、さりげなくキャラクターをあしらっている。

さらに、はちみつポット形状のパック型パッケージデザインがかわいい「くまのプーさん」柄もあり、こちらは本体とブラックインクのリフィル1本がセットになっていて700円(税抜)。

スケジュール帳などにボールペンをセットするとき、多色ペンだと太くて入らない、と悩んでいた人は、ぜひこの「ユニボール R:E3」を使ってみて。三菱鉛筆から11月29日(木)発売。

©Disney
©Disney .Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事