流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

消費税率変更にも対応!スマホと連携できる万能レジスター

このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年10月は、消費税が8%から10%にあがる予定となっている。今回は軽減税率が導入されるなど、計算が複雑になることが予想される。そこで今回ご紹介したいのがこちら。

電子レジスター国内シェア16年連続NO.1の「カシオ計算機」から、Bluetooth Low Energyに対応し、スマートフォンと連動して設定や売上確認ができる電子レジスター「SR-S4000」「SR-C550」が1月31日(木)に発売される。


「SR-S4000」「SR-C550」は、商品名や価格変更などの設定や、週次・月次・年次単位での店舗売上のグラフ表示、さらには日誌の作成もスマートフォンから操作・確認が可能。


業務の効率化を図れるほか、売上情報がスムーズに可視化されるので、店舗運営に役立てることができる。※アプリ画面は現在開発中のため最終の仕様とは異なる場合あり

もちろん、10月1日(火)より施行予定の消費税率変更や軽減税率にも対応。内蔵のカレンダー機能により、10月1日(火)になると自動的に税率が8%から10%に切り替わるほか、レシートにどの製品が軽減税率適応かを印字することができる。


カラーは、それぞれ<ホワイト><ブラック>を用意。

日々報道されている消費税や軽減税率。店舗での対応に頭を悩ませていた人には朗報となるこのレジスターを、ぜひ検討してみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事