流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

FASHION

伝統の“京友禅”を身近に感じるブランドショップがオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


京友禅の職人が手描きで1点1点作り上げた布地を切り売りする、新しいスタイルのファブリックブランド「iromori(いろもり)」が、3月16日(土)に新店舗をオープンする。


「iromori」は、“色を守る”という意味を込めたブランド。京都の地で長く培われてきた伝統ある手描き友禅の技法を用いて、富宏染工の職人たちがオリジナルの布地を作り出している。

洋服やファッション小物、インテリアといった日常使いはもちろんのこと、海外での展開も視野に入れながら、従来の着物サイズからは考えられなかった115センチという横幅を実現した。


今回オープンする新店舗では、染匠がこだわりぬいた4つの色展開に「iromori」オリジナルの“色言葉”を添えて、縦幅30センチより10センチ単位で購入することができる。

京友禅の新たな可能性を切り拓いていく「iromori」の今後に注目だ!

■「iromori」
住所:京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事