流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

まるで“地中海クルージング”!レッドロブスターでフェア開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


シーフードレストラン「レッドロブスター」では、世界に広がるたくさんの海を旅しながら、その土地ごとの一皿をレッドロブスター流にアレンジして紹介する「ロブスターワールドクルーズ」を3月19日(火)からスタート。

第1弾のテーマは“地中海クルージング”。テーブルを囲んで食事をしながら、まるでクルージングをしているかのようなひと時が楽しめる。

地中海沿岸国の前菜盛り合わせ「メディテレーニアン・プレート」1580円(税抜)は、見た目にも華やかなプレート。一つのプレートに、モロッコ:パスティラ(蒸し鶏のサルサ ミートパイ風)、イタリア:イカスミのアランチーニ(イカスミを使ったライスコロッケ)、フランス:パーナ貝の香草焼き、トルコ:ミディエドルマ(ムール貝のスパイシーピラフ詰め)、スペイン:タコのガリシア風(タコとジャガイモのスパイス炒め)、ギリシャ:シュリンプのスブラキ(シュリンプ&ソーセージのスパイス焼き)など、地中海を囲む国々の前菜が華やかに盛り付けられている。


本場イタリアでも流通量が少ない幻のフレッシュチーズ“ブッラータ”を使った「幻のチーズ “ブッラータ”とキャビアのカプレーゼ」1480円(税抜)は、さっぱりとしながらもリッチでクリーミーな味わいで、一度食べたらもう夢中になること間違いなし!ランプフィッシュのキャビアを乗せて贅沢に楽しめる。


せっかくレッドロブスターで食事をするなら、伝統的な調理法をレッドロブスター流にアレンジした「ロブスターとチキンのカタルーニャ風煮込み~パエリアライス添え~」2980円(税抜)をお忘れなく。山の素材(肉)と海の素材を使ってワンプレートで表現するのがスペイン・カタルーニャ風で、ロブスターにチキンにパエリアライスとボリューム満点。ほんのり甘めのアーモンドピカーダトマトソースで味わおう。

地中海料理は2010年に世界無形文化遺産に登録。ワインを片手に家族や友人など気の置けない仲間とテーブルを囲むのが地中海料理の慣習であり、流儀とも言われている。

この春は、レッドロブスターで“地中海クルージング”をイメージした料理を囲みながら、ワインとともにゆっくりと語らう時間を過ごしてみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事