流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

「銀座 蔦屋書店 ART PARTY」始動!第一弾は磯村暖の個展開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


アートのある暮らしを提案する銀座 蔦屋書店が、4月1日(月)より、これからのアートシーンの担い手として注目すべきクリエイターを定期的に紹介する展覧会シリーズ「銀座 蔦屋書店 ART PARTY」を始動する。

この企画では21世紀初頭の十数年間を日本のアートの変節点と捉え、来るべき時代のアートを探求。銀座 蔦屋書店ならではのオープンな空間に展示される作品を通して、アーティストの新鮮で刺激的なアイディア、時代のアクチュアリティ、アートそれ自体の醍醐味をより身近に感じられるシリーズを目指している。

記念すべき第1回目となる「銀座 蔦屋書店 ART PARTY 2019.04」では、1992年生まれのアーティスト磯村暖を紹介し、個展「わたしたちの防犯グッズ」を開催する。


磯村暖は、油彩画からアクリル画、セメントの彫刻、陶器、ヴィデオ作品まで様々な素材と技法を用いて制作するアーティスト。東京藝大を卒業後、2017年から続いた東京・ロンドンでの個展で成功をおさめ、今年はアートフェア東京への出展も果たすなど、ますます今後の活躍が期待されている。


土着信仰や宗教美術の綿密なリサーチにもとづいた彼の作品世界は一見カオティックにも見えるが、宗教、特に仏教が原初的に持つ死生観と、ジェンダーやグローバリゼーションといった現代の社会的軋みが特異な感性によって結びつき、宗教美術の習合的ダイナミズムを生き生きと捉えている。

「わたしたちの防犯グッズ」と題された今回の個展では、新作を含めた展示構成で新たな作品コンセプトを提示。「未知」に対する恐怖心や、そこから来る「分断」の局面に真摯に向き合い、ユーモラスでやわらかな定言命法を提示しようとしている。

会期は4月1日(月)~30日(火)、会場は銀座 蔦屋書店・アートウォールギャラリー(6Fスターバックス前展示スペース)。

■「銀座 蔦屋書店」
住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事