流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

“東京と世界”の魅力が大集結!「生活のたのしみ展2019」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年に六本木で始まり、恵比寿・梅田と規模や場所を変えながら開催を重ねてきた、お買いものフェスのようなイベント「生活のたのしみ展」が、東京の玄関・丸の内で4月17日(水)~21日(日)に開催される。


今回のテーマは「東京と世界」。店の顔ぶれがバラエティにあふれることはもちろん、「広い」「エリアがわかれる」のが今回の「生活のたのしみ展2019」の特徴。開催場所は大きくわけて「丸ビル」「丸の内仲通り」「TOKIAガレリア」の3つとなる。

「丸ビル」1階マルキューブは“世界”中から集まったものが並ぶ大小さまざまの店やカフェが詰まった賑やかな場に。3階の回廊には、アート作品や各国から集めた雑貨も並び、世界のあちこちから来たものが織りなす空気ごと楽しむことができる。

「丸の内仲通り」にはキッチンカーやアメリカンスクールバス、パラソルワゴンなど、美味しく華やかな店が大集結。


そして、東京駅から東京国際フォーラムに向かう「TOKIAガレリア」には、約60メートルにわたって、“東京”をテーマにした店が並ぶ。現代の東京をあらわす洗練された品や古き良き江戸東京の貴重なもの、日本各地からやってきた“いいもの”ばかり。新旧まじりあった楽しい空間となる。

また「生活のたのしみ展」は開催のたびに同じ顔ぶれにしないことを目指しており、今回は60の出店のうち初出店が32となっている。


さらに、さまざまな世界の料理が味わえる場所や、毎回人気の「たのしみ弁当」ももちろん用意!

世界のわくわくするものを東京に、日本中の魅力を世界の人びとに。ぶらぶら見て買って食べておしゃべりして、まざりあってみんなで遊ぶ楽しい5日間になりそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事