流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

圧巻の手筒花火&満天の花火!吉田神社で「豊橋祇園祭」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県豊橋市にある手筒花火発祥の地・吉田神社を中心に行われる「豊橋祇園祭」が、7月19日(金)~21日(日)に開催される。

日程は、19(金)18:30~22:00が手筒花火、20日(土)18:00~21:00が打ち上げ花火、21日(日)17:00~19:00が神輿渡御。

吉田神社境内で行われる手筒花火の奉納は、氏子達が己の身を清め、神に忠誠を誓う信仰的儀式。五穀豊穣を祈り、一年の無事と子孫繁栄を願い、神にささげられる花火で、吉田神社で450年以上続けられている。

初日の手筒花火は大小合わせ約350本が、さらに台物といわれるみこし上に設置した大筒花火、乱玉花火が10数台奉納される。手筒花火は節を抜いた約1メートルの孟宗竹に火薬を詰めたもので、花火を揚げる氏子たちが2カ月かけ、自ら竹切り、繩巻き、火薬込めなどを行う。

激しく火を吹く手筒花火を腰で抱え火の粉を浴び、勇壮に放揚される様は圧巻。噴き上がる火柱は約10メートルの高さ、ドーンという大きな衝撃音とともに手筒花火の底が抜け“ハネ”と呼ばれるラストを迎える。

二日目(前夜祭)に行われる吉田神社横の豊川河川敷での打ち上げ花火では、ミュージックスターマイン、金魚花火、打ち上げ花火約1万2000発が対岸や目の前の台船から大音響とともに上げられ、三日目(本祭り)の神輿渡御(みこしとぎょ)では、笹踊りや頼朝行列、饅頭配り、神輿渡御などが古式ゆかしく市内氏子八ヶ町を巡回する。

打ち上げ花火は、1名5000円の有料桟敷も用意されているので、気になる人は早めに確保するのがおすすめだ。

■「吉田神社」
住所:愛知県豊橋市関屋町2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事