流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

トロピカルフルーツたっぷりのスイーツが阪急うめだに集結!

このエントリーをはてなブックマークに追加


阪急うめだ本店地下1階では、7月10日(水)~23日(火)の期間限定で、同デパートの人気洋菓子店が旬の果物を使い今までになかったスイーツを提案する人気企画「阪急スイーツウィーク」を開催する。


今回の「阪急スイーツウィーク」のテーマは“太陽のめぐみスイーツ”。香り高くまろやかな甘さが魅力の“マンゴー”や、さわやかな酸味とジューシーな甘さが魅力の“パイナップル”、独特の食感が魅力の“ドラゴンフルーツ”など、トロピカルフルーツをたっぷり使ったスイーツが登場する。


「モンシェール」の「ごろごろマンゴータルト」1080円は、マンゴーが盛られた“南の島”のような見た目がキュート!


「HIBIKA」からは、パイナップルの皮を器に見立てた「南風~パイナップルのデザート~」1998円が登場。


「フリュテリー果坊」の「飲むグァバゼリーとトロピカルフルーツパフェ」1296円は、ドラゴンフルーツを使った夏を感じられる一品。

この時期にここでしか食べられないトロピカルスイーツを、ぜひ味わってみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事