流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

アクアマリンふくしまで新種の“紅色”深海エビを世界初展示!

このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県いわき市にある、子どもの知的好奇心を育てる体験型水族館・アクアマリンふくしまでは、2階「親潮アイスボックス」コーナーにて、新種の深海エビ「クレナイモロトゲエビ」を7月4日(木)から展示中だ。

「クレナイモロトゲエビ」(学名:Pandalopsis capillus)は、学名の“capillus”が表す通り、頭全体に細毛が生えているのが特徴。また、和名は体色全体が美しい“紅色”であることに由来している。

「クレナイモロトゲエビ」は生息水深が深く、水質や水温差に非常に敏感であるため、これまで生存した状態で採集することができなかったが、今回、ついに漁業者の協力により北海道羅臼沖にて展示個体を採集することに成功!世界で初めての展示が実現した。

今年1月に新種として3種のエビが公表され、これまでアクアマリンふくしまでは2種を展示していたが、今回「クレナイモロトゲエビ」が仲間に加わったことで、その新種がすべて観られるようになった。貴重な生き物に出会えるこの機会を、どうぞお見逃しなく!

■「アクアマリンふくしま」
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事