流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

上野で開催の台湾カルチャーフェスに台湾レトロ雑貨が集結!

このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年に初開催され、大盛況だった日本最大の台湾カルチャーフェス「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」が、今年も9月28日(土)・29日(日)の2日間、東京の上野公園で開催される。

今回は、台湾発・アジア最大級の海外通販サイト「Pinkoi(ピンコイ)」がポップアップショップを出店。注目の台湾雑貨5ブランドのアイテムを販売する。その内容を紹介しよう。


こちらは、台湾・台中にある「大甲」の街で創業して以来30年を越える歴史を持つ帆布バッグブランド「一帆布包」。職人たちが一つひとつ丁寧に仕上げたバッグは、デザインもセンスも抜群だ。


デザインに台湾の注音符号(ボポモフォ)を使用したアイテムが人気の「HEY SUN」は、台湾らしさを感じる商品を揃えている。


「so that’s me」は、心地良い快適なライフスタイルを提案するブランド。ブランド名の通り、“ありのままの自分”を表現できるシンプルなデザインが特徴だ。


「inBlooom」は伝統的な生地を扱う永楽市場の近く、「迪化街」にお店を構えるプリント生地ブランド。「日常生活にまつわる創作」をモットーに、台湾の日常生活からインスピレーションを得た新たなデザイン・エッセンスを生み出している。


最後に紹介するのが、「來好」。おしゃれな台湾カルチャーを感じられるブランドで、“新しい台湾スタイルのお土産に出会える”と評判だ。

普段はオンラインや台湾現地でしか購入できない商品が一堂に集まるこの機会をお見逃しなく!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事