流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

セントレア開港15周年クラフトビール「旅エール」発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加


中部国際空港「セントレア」では、11月22日(金)より、開港15周年を記念したオリジナルクラフトビール「TABI ALE(旅エール)」の発売がはじまる。

「TABI ALE」は、1575年創業の老舗茶屋・二軒茶屋餅角屋本店が醸造する「伊勢角屋麦酒」と共同で発売されるもの。

二軒茶屋餅角屋本店は、創業以来お伊勢参りの玄関口として多くの旅人を迎え入れ、セントレアも中部圏の空の玄関口として世界中から旅人を迎え入れてきた。“これからもたくさんの「TABI(旅)」を応援(エール)・おもてなししたい”というそれぞれの想いから命名されたという。

気になる味は、セントレアの“晴れ晴れする空、深みのある海。清らかで美しい空港”というイメージと、伊勢を彷彿とさせる“爽やかでクリーンなボディ”をイメージした、爽やかな中にもほんのり苦味のある、飲みごたえのある味わい。伊勢角屋麦酒の社長自ら伊勢市内で採取した自社酵母「KADOYA-1」がフルーティーな香りを演出している。


価格は330ml/550円(税込)で、中部国際空港「セントレア」第1ターミナル4階イベントプラザ・クリスマスマーケット会場ほかで、2020年3月末頃まで販売予定。伊勢神宮へ訪れる際に空の玄関口ともなる中部国際空港の、新しいお土産としても喜ばれそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事