流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

「いすみ鉄道」のチャリティイベントで自分だけの“キハ30形”を作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


千葉県のいすみ市・大多喜町を走るいすみ鉄道が、12月8日(日)、国吉駅前にてチャリティイベント「いすみ鉄道冬の陣」を開催!その中で、3D技術を用いたワークショップ&イベントが行われる。

“キハ30形”を作るワークショップ


クラウドファンディングで再びきれいな塗装を見せた、いすみ鉄道“キハ30形”。その体験乗車とお披露目会を記念して、今回、自分だけのオリジナル“キハ30形”を作ることができるワークショップが実施される。


コースは、「CADソフトと3Dプリンターを使ってオリジナルの“キハ30形”の顔を作ろう!」約60分/1500円(税込)と、「3Dプリンターを使って出力された“キハ30形”のミニチュアに自分好みの色を塗ろう!」約30分/1000円(税込)の2つを用意。


3Dプリンターで印刷した車体には、Nゲージ規格の台車を取り付けるため、作った電車をNゲージの線路で走らせることができる。

ワークショップは、国吉駅前の商工会議所2階にて、10:00~16:00に開催。最終受付は15:30となっている。なお、本ワークショップの収益の一部は、“令和元年台風第19号災害義援金”として寄付される。

“キハ30形”の3Dスキャンイベント

また、“キハ30形”をドローンを用いて様々な角度から撮影し、“フォトグラメトリ”にて3Dデータを作成するイベントも実施!

“フォトグラメトリ”は、首里城のデジタル再建などでも用いられている、様々な角度からの写真を元に3Dデータを作成する技術。今回のイベントは、鉄道車両という身近にありながら詳細な設計図などが残りにくい物を将来に遺すために、詳細な3Dデータを作ろうという企画だ。

こちらは、9:00頃~10:00頃に国吉駅の“キハ30形”にて開催される。

そのほか切符発売や緊急車両の展示なども


「いすみ鉄道冬の陣」では、これらの企画のほか、“キハ30形”塗装記念イベント、復興応援切符発売、パトカー・消防車・救急車といった緊急車両の展示、ご当地キャラ大集合、音楽列車の運行など、楽しいコンテンツが盛りだくさん!鉄道ファンならずとも外せないイベントになりそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事