流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

コンパクトなのに機能充実!“蒸す・煮る・発酵”もできるレコルトの炊飯器

このエントリーをはてなブックマークに追加


コンパクトでカラフル、シンプルでスタイリッシュな調理家電ブランド「récolte(レコルト)」。そんな「レコルト」シリーズに、1月から、「コンパクト ライスクッカー」8000円(税抜)が仲間入りする。

コンパクトでミニマルなデザイン


「コンパクト ライスクッカー」は、1~2人の家庭にちょうどよい2.5合炊きの炊飯器。ごはんを炊くだけではなく、発酵や低温調理、蒸す、煮るまで、自炊に必要な機能をすべて搭載しているのが特長だ。


接地面が直径約16cmとコンパクトで、キッチンにも置きやすいサイズ感。カラーは<ブラック>と<ホワイト>の2種類があり、無駄を削ぎ落としたデザインなので、どんなインテリアにもスタイリッシュに馴染む。


表面はタッチパネルで、使用中のみ点灯&表示される「インモールドディスプレイ」を採用。使用していない時は消灯するので、外観と合わせてインテリアの雰囲気を損なわないデザインとなっている。

お米をおいしく!低温調理・蒸す・煮る・発酵も可能

内釜には、熱伝導のよいアルミニウムに、遠赤外線を発する高硬度のセラミックをコーティングした白い内釜を使用。セラミックはフライパンの加工にも使われており、焦げ付きにくくお手入れも簡単。米をおいしく炊き上げるほか、早炊き、玄米、おかゆの調理も可能だ。

さらに「低温調理モード」で鶏ハムやローストビーフ、「蒸す/煮るモード」でスープなど、食材を入れてスイッチを押すだけのカンタン調理が可能。「発酵モード」ではパンの発酵ができ、発酵させたパンの生地はそのまま「コンパクト ライスクッカー」で焼くことも!

料理家の村山由紀子さん監修のレシピブックも付属しているので、毎日「コンパクト ライスクッカー」を使ったメニューが楽しめそうだ。


サブ炊飯器としても活躍する「コンパクト ライスクッカー」を、ぜひチェックしてみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事