流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

毎年人気!神戸のホテルレストランで“蟹と冬の味覚”満載のバイキングを開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


神戸メリケンパークオリエンタルホテルのテラスレストラン「サンタモニカの風」では、毎年恒例の“蟹と冬の味覚フェア”を期間限定で開催!「蒸しガニ」など冬の季節に合わせた料理のほか、和洋中の各料理長が考案する料理や目の前で仕上げるライブキッチンの料理を開放的な空間で楽しめる「サンタモニカの風 冬のバイキング」を、2020年1月4日(土)~2020年2月29日(土)の期間実施する。

冬の味覚を丸ごと味わう

期間中は、冬の食材を使用した料理が勢揃い。人気のローストビーフ、ハーゲンダッツアイスクリームとフレンチトーストに加え、まるでコースの一皿のようにシェフが趣向を凝らした料理を月替わりで用意。また、期間中は「蒸しガニ」(冷製)が登場し、三杯酢やオーロラソースをつけて食べることができる。

1月のメニュー


1月のライブキッチンには、ボイルした蟹身を天婦羅にし、玉ねぎやにんじん、春菊などの野菜のかき揚げや、モナカの中に創作おにぎりを挟んだ「モナカおにぎり」が登場。かき揚げとイクラ、豚のしょうが焼きとオニオンレタス、スモークサーモンと昆布を組み合わせた3種類の味で楽しめる。


そのほか、ブッフェ台には、あんこう鍋、身魚とおもちのロースト ピッツア風、ニラともやしの上海焼きそばなども並ぶ。

2月のメニュー


2月のライブキッチンには、赤海老を殻ごと鉄板で焼き、特製のエビチリソースをつけて食べる一皿「赤海老の鉄板焼き 特製海老チリソース」が登場。香ばしい海老の香りとクセになるピリっと辛い特製ソースがマッチし、食欲をそそる。


そのほか、ブッフェ台には、鮭の粕汁、ローストポーク ローズマリーと大蒜風味、海老と木耳の玉子炒めなども登場する。

バイキングはランチ&ディナーで開催

「サンタモニカの風 冬のバイキング」の価格は、大人4300円/シニア3870円/子ども2365円/幼児1000円(すべて税・サ料込)。ランチが11:30~16:00、ディナーが17:00~21:30の90分制で、最終入店は各30分前までとなっている。

令和初のバイキングはこれで決まり!予約して、家族や友達と食べに行こう。

『神戸メリケンパークオリエンタルホテル HP』( https://www.kobe-orientalhotel.co.jp/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事