流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

フランスから空輸!フレッシュ×辛口な”ロゼワイン”が限定発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


サッポロビールは、「エム・ド・ミニュティ 空輸便2019年ヴィンテージ」・「タリケ ロゼ空輸便2019年ヴィンテージ」のフランスワイン2種をボトリング後すぐにフランスから空輸し、3月19日(木)より全国で限定発売する。

世界中で人気のロゼを日本で

ピンク色が女性にも人気のロゼワイン。ロゼワインは、いまや世界のワインマーケットの中で10%以上のシェアを占めるまでに成長しているという。

特にフランスでは、食事と合わせやすく、季節を問わずに楽しめることから、白ワインを抜いて売り上げの30%をロゼワインが占めている。

一方日本では「ロゼワイン=甘口」のイメージが強く、「フレッシュな味わい」「辛口」「食事に合う」など、世界で人気となっている要素はあまり認知されていない。そこで今回、同社は、ロゼワインのフレッシュな魅力を一層広めるためにフランスから空輸便で新ヴィンテージを届ける。

どちらがお好み?2種類のヴィンテージ

「エム・ド・ミニュティ 空輸便2019年ヴィンテージ」750ml/2400円(税抜)は、エレガントなボトルが美しいアルコール度数13%の辛口ワイン。淡い色合いでフレッシュ、フルーティーで飲みやすいのが特徴だ。


「タリケ ロゼ 空輸便2019年ヴィンテージ」750ml/1500円(税抜)は、アルコール度数12%で辛口。バラとワイルドベリーのアロマが漂う中にほんのりスパイスが感じられ、熟した果実の旨みとピチピチした舌触りも楽しいワイン。タパス、イタリアン、エスニック料理などさまざまな料理に合う、オールマイティーな1本だ。

テーブルに置くとパッと食卓が華やぐロゼワイン。この機会にフレッシュな辛口の美味しさを試してみて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事