流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

藝大生のアイディアあふれるバッグがそろう「モチハコブカタチ展」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

藝大生たちの若きアイディアが“バッグ”として形に。

東京藝術大学の1年生が制作した作品を展示する「2020 モチハコブカタチ展 新しい生活 それぞれの2WAY BAG」が、1月31日(金)~3月14日(土)の期間に台東区の「世界のカバン博物館」で開かれる。

テーマは「Dual/デュアル」

同イベントは、バッグメーカー「エース」と東京藝術大学の共同プロジェクト。「エース株式会社デザイン展 モチハコブカタチ」を2011年に東京藝術大学美術館陳列館で開催した事をきっかけに、毎年テーマを設けて開いているもので、今回で8回目になる。

今年は、東京藝術大学美術学部デザイン科の1年生47名が「Dual/デュアル」をテーマに制作。同テーマには、都市と田舎の二拠点生活や、場所と時間が柔軟な働き方の「テレワーク」など新しい暮らし方として注目される“デュアルライフ”と、2way bagの“Dual(二面性)”という、2つの意味が込められているという。

「世界のカバン博物館」へ訪れてみよう


会場は「エース」の創業者・新川柳作が長年収集してきたバッグを展示する「世界のカバン博物館」のなかの企画展示ゾーン。

同博物館には、世界五大陸、約50カ国から収集した希少価値の高いコレクションをはじめとした550点余りのカバンが展示されているのでこちらも要チェック。入場は無料となっており、より身近にカバンの歴史や文化に触れることができそうだ。

藝大生たちが思い描く、新時代の二面性を持ち合わせた“モチハコブカタチ”に乞うご期待。

■「世界のカバン博物館」
住所:東京都台東区駒形1-8-10 エース東京店内
URL:https://www.ace.jp/museum/

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事