流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

かっぱ寿司で“九州の海の幸”を食べつくそう!期間限定フェア開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


海の幸をより一層おいしく味わえる冬のシーズン。

「かっぱ寿司」では、九州の海の幸を楽しむ「九州を寿司で巡ろう」フェアが2月5日(水)から開催される。

九州の魅力を再発見

 
同フェアは、食の宝庫である九州の魅力を感じてほしいと、九州を代表するネタや、あまり見かけない珍しいネタの寿司を「かっぱ寿司」全店で味わえるもの。


「熊本県産 活〆シマアジ(2貫)」280円は、鮮度を保つために一度も冷凍せず活〆されて店舗に届けられ、遠方の店舗には空輸するというこだわりで、脂ののった新鮮な美味しさを味わえる。「シマアジ」は高級魚として知られており、暖かい水流を好む魚だ。熊本県天草の温暖な気候と有明海や八代海からなる、陸からのミネラルが豊富に注がれる漁場は、「シマアジ」が美味しく育つ絶好の環境なのだとか!


「鹿児島県産 溶岩焼きかつおたたき(2貫)」100円(税抜)は、かつおの名産地として知られる鹿児島でとれた美味しい鮮魚を、鹿児島にちなんで「桜島溶岩石」で焼きあげたもの。溶岩石の遠赤外線効果で皮目には香ばしく焼き色がつくが、中はもっちりなまま、鮮やかな赤色に仕上がり、ギュッと閉じ込められた旨味を感じられる。


また、九州以外にはあまり流通しない地場品の“たかえび”が入った、一皿で3種類のネタを楽しめる「九州 にぎり三昧」280円(税抜)や、


博多の明太子を有明産海苔で包んだ「博多 めんたい包み(1貫)」100円(税抜)のほか、ブリの産卵時期のみにしかとれない希少な「鹿児島県産 ぶり白子天にぎり(2貫)」100円(税抜)など、九州の食の魅力が満載!

サイドメニューも“九州の味”に!


さらに、長崎の卓袱コースの代表的料理「東坡煮(とうばに)」からヒントを得た「豚角煮入り茶碗蒸し」280円(税抜)など、サイドメニューも九州にゆかりのある品が豊富にそろう。

「熊本県産 活〆シマアジ」と「九州 にぎり三昧」は2月16日(月)まで、それ以外は3月1日(日)まで販売予定だが、ネタがなくなり次第終了となるので、気になる人は早めに来店してみよう!

『「九州を寿司で巡ろう」フェア公式サイト』( https://www.kappasushi.jp/cp/2020/fair_february )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事