流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

注目のハンドメイド素材“畳縁”を使った家庭科教材がオシャレすぎる!

このエントリーをはてなブックマークに追加


畳の補強のためにつけられる“畳縁”が、ハンドメイド素材として注目を集めている。

そんな“畳縁”が、教育図書と髙田織物の共同開発により、学校用のオシャレな被服実習教材となって現在発売中だ。

短時間で簡単に完成

この被服実習教材は、明治25年創業の岡山県倉敷市児島を所在とする畳縁のトップシェアメーカー・髙田織物の畳縁を使用したもの。

畳縁は生地の目が大きく縫いやすいので、短時間で簡単に製作できるのが特徴。端の処理も不要のため、初めて針を使う子どもでも安全に使用できる。

ポップでカラフルな畳縁が創作意欲をかきたてる!

教材は「ぺたんこペンケースぷらす」・「かんたんペンケース」・「基礎縫い 小物いれ」の全3種類。伝統を感じる鮫柄や市松模様のほか、水玉や花柄などのポップでカラフルなデザインも新しくてキュート!


「ぺたんこペンケースぷらす」664円(税別)は、<デニム縁><水玉No.21><水玉No.25><水玉No.B1><市松 赤><市松 青>の全6柄があり、縦型ペンケースと、カードケース、コースターの3つが製作できる。


「かんたんペンケース」500円(税別)は、<水玉 緑・白><水玉 赤・紫><水玉 黄・青><鮫柄・赤><鮫柄・青><花柄>の全6柄があり、ファスナー加工済なので簡単に丈夫なペンケースが製作できる。


「基礎縫い 小物いれ」345円(税別)は、110mm幅広の<鮫柄><緑><赤><青>の全4柄で、並み縫い・まつりぬい・スナップボタン付けといった基本の裁縫技術を練習できる。

それぞれのセットには作り方のレシピが付いているので、裁縫セットさえあればそれぞれ製作が可能だ。丈夫な畳縁は、使い勝手も抜群!

日本らしさや伝統文化を感じる教材で製作した作品は、海外ホームステイでのお土産などにもおススメだ。

ちょっとしたギフトとして“畳縁”の小物作りに挑戦してみてはいかが?

『髙田織物 公式ホームページ』( http://www.ohmiyaberi.co.jp/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事