流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

英検2級の頻出単熟語を短期間で攻略!“書くキクタン”が新登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


“効率よく英検2級対策の勉強をしたい!”そんな人におススメの1冊を紹介しよう。

アルクより「キクタン英検 2級ワークブック」が発売された。

『書く』キクタンでしっかり身に付く

「キクタン英検 2級ワークブック」1760円(税込)は、「キクタン」シリーズの『読む』『聞く』学習に『書く』をプラスしたワークブックだ。英検2級の最頻出単語と熟語800語を50日間でマスターできるよう設計され、『書く』要素が加わったことでライティング力までしっかり身につく1冊となっている。

同書に収録される800の頻出単語・熟語は、6つのジャンルに分類される。例えば長文問題は、<社会・文化><科学・学問><政治・経済>の3大頻出ジャンルに分類。

さらに語句補充問題では、<思考・動作><状況・性質><程度・数量>と、こちらもまた3大頻出ジャンルに分けられ、自然と英検の問題に慣れることができる。

効率よく継続して学習に取り組める

英語を効率よく学ぶための、同書の使い方の一例を紹介しよう。

まずは、単熟語の読み書きから始めるのがおすすめ。単熟語を直接書き込んで練習することで、うろ覚えやスペルミスをなくし、定着率もアップするという。ページの開きが良く、書き込みやすいので書きにくさなどのストレスもなさそうだ。

次に、フレーズの穴埋めによって単熟語の語法やコロケーションを身につける。そして、センテンスの穴埋めによって、文中での単熟語の使い方を理解する。この3つのステップを踏むことで、効率よく学習を進めることができる。

うっかりスペルミスをしてしまう人や、文中での単熟語の使い方がきちんと理解できていないという人は、この流れに沿って学習してみては。

赤シートや付箋マークも便利!

なお、学習に必要な音声はパソコンまたはスマートフォンで無料でダウンロードすることができ、発音に自信のない人でも安心!定着度を繰り返しチェックできる赤シートが付属され、覚えていない単語は付箋でマークできるなど継続しやすい工夫も嬉しい。

「キクタン英検 2級ワークブック」は、“久しぶりに英語を勉強したい!”という人にもおススメの1冊だ。自宅時間に取り入れてみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事