流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

FASHION

ユニバーサルな社会へ!「CHUMS」サポートグッズ2020モデルが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブービーバードのロゴでおなじみの「CHUMS(チャムス)」と、NPO法人「モンキーマジック」がコラボレーションした「サポートグッズ」に、2020モデルが登場!現在、販売や寄付を受付中だ。

カジュアルアウトドアブランドの寄付活動

「モンキーマジック」は、“見えない壁だって、越えられる。”をコンセプトに、障害者クライミングの普及活動を通じて、多様性を認めあえるより成熟したユニバーサルな社会の実現を目的に活動しているNPO法人。

同団体とカジュアルアウトドアブランド「CHUMS(チャムス)」は9年前からコラボレーションして寄付活動を行い、それを支援する人に「サポートグッズ」を贈っている。寄付金は、視覚障害の児童や、大人を対象としたインドアジム、自然の岩場を利用したクライミングスクール、障害の有無にかかわらず共に楽しめる交流イベントの運営、そのほか講演会や体験会など、様々な普及啓発活動へ使われているという。

2020年モデルの「サポートグッズ」

NPO法人モンキーマジックが15周年を迎える今年は、「サポートグッズ」のラインアップも一新!デイパックやキーコインケースなどの全5型が登場する。

どれも黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、裏地やデイパックの肩ベルトの裏面に、鮮やかなオレンジ色の生地を使用。弱視(ロービジョン)の人でもカバンの閉め忘れに気づきやすく、裏返しになっていないかも確認しやすいようにデザインされているのが特徴だ。

視覚障害者への配慮がされたデザイン

また、ファスナーチャームも見つけやすいように大きめに作られているなど、視覚障害者への配慮がされた、作り手の心のこもったデザインにも注目したい。タグやボストンバッグの前面には、英字と点字で「見えなくても(=NO SIGHT)、一度で登りきれる(=BUT ON SIGHT)」というモンキーマジックのスローガン「NO SIGHT BUT ON SIGHT」が施されている。

生産にはバイオマス発電によって得られたグリーン電力が使われているそうで、環境への配慮も。生地は、リサイクルポリエステル糸で作られた素材を使用しており、磨耗・引き裂き・擦り切れに強く、日常生活での使用に耐える丈夫さも嬉しい。

アイテムごとに寄付金額が異なり、

「ボストンバッグ」サイズH28×W57×D29cm(30L)は1万2500円以上、


「デイパック」H45×W30×D12cm(18L)は9500円以上、


「ショルダーバッグ」H19×W24×D12 cmは6500円以上、

「サコッシュ」H17×W26cmは4500円以上、

「キーコインケース」H7.5×W11cmは2500円以上となっている。

寄付はモンキーマジックの公式サイトで受付中。なお、これらのコラボ商品は、同団体直営のボルダリングジム「モンキーマジックつくばQ’t」や「CHUMS」店舗でも販売していて、売り上げの一部が「モンキーマジック」の活動に寄付されるという。

「CHUMS」のスタイリッシュな「サポートグッズ」を入手して、ユニバーサルな社会の実現に貢献してみては。

※販売状況が記事の掲載時と異なる場合があります。HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事