流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

大好評の新国立劇場「巣ごもりシアター」にバレエ作品が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新国立劇場が4月10日(金)から無料配信している「巣ごもりシアター」の追加配信が決定!5月1日(金)から、新国立劇場バレエ団による珠玉のバレエ公演2作品が配信される。

自宅で舞台芸術を鑑賞できる!

「巣ごもりシアター」は、新国立劇場主催公演の記録映像を無料で鑑賞できるサービスだ。すでに第1弾として『魔笛』や『トゥーランドット』などのオペラ公演3作品が配信され、今回第2弾として新国立劇場バレエ団によるバレエ公演2作品が追加された。

5月の第1週の配信作品は『マノン』


5月1日(金)15時~5月8日(金)14時の期間は、今年2月に上演された『マノン』が配信される。同作品は、アベ・プレヴォー著のマノン・レスコーの物語を、英国バレエの巨匠ケネス・マクミランがバレエ化したドラマティック・バレエの最高傑作のひとつだ。同バレエ団のプリンシパル・米沢唯氏と英国ロイヤル・バレエ・プリンシパルのワディム・ムンタギロフ氏の卓越した技術力が堪能できる。

『マノン』は今回、新国立劇場バレエ団にとって8年ぶりとなる待望の再演だったが、残り2公演を前に、新型コロナウイルスの影響で残念ながら公演中止となってしまった経緯がある。当日スタンディングオベーションが沸き上がったという、新国立劇場屈指の名舞台となった同公演をぜひ自宅で堪能したい。

第2週の配信作品は『ドン・キホーテ』


5月8日(金)15時~5月15日(金)14時に配信されるのは、2016年5月に公演された『ドン・キホーテ』。セルバンテスの著書を原作にした、楽しさと活気に溢れた古典バレエの人気演目だ。

闘牛士たちによるスペイン舞踊や美しい群舞。国情緒あふれる音楽やカラフルな舞台美術と衣裳も相まって、軽快なお祭り気分へといざなってくれそうだ。

巣ごもりをもっと楽しくする関連動画も


同劇場では、バレエ鑑賞の予習にぴったりな「3分でわかる!」シリーズや名場面などを紹介する公式YouTubeチャンネルも開設。今回配信される2演目について鑑賞前に予習しておくと、より一層楽しめそうだ。

また「巣ごもりシアター おうちで戯曲」では、同劇場のために書き下ろされた戯曲を4月23日(木)から2週間限定で配信している。

舞台芸術ファンはもちろんのこと、“日ごろ劇場に足を運ぶ機会は少ないけれどちょっと見てみたい”という人も、この機会にバレエを観劇してみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事