流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MAMA, MONO

これでアナタもフグ博士!? 可食部位&非可食部位が一目でわかる解体パズル

このエントリーをはてなブックマークに追加


おうちで過ごす時間が増え、子どもと一緒に楽しめるゲームや玩具をお探しの人も多いのでは?


そんな人におすすめしたいユニークなパズルが新登場!「メガハウス」の遊んで学べる立体パズル「KAITAI PUZZLE」シリーズより、新商品「一尾買い!!トラフグ解体パズル」1580円(税別)が発売されたので紹介したい。

食材の部位を楽しく学べるパズル!


「KAITAI PUZZLE」シリーズは、遊びながら食材の部位を学べる立体型のパズル。


実物と同じ位置に各パーツが並んでおり、部位の名称と位置が一目瞭然でわかることから、“部位の場所と形がわかって勉強になる”や“パーツに部位名が書いてあるのが良い”など、幅広い世代から好評を集めている。

フグ博士になれるかも!?


今回発売された「一尾買い!!トラフグ解体パズル」は、食べることができる“み”、“カマ”、“しらこ”などはもちろん、猛毒のテトロドトキシンが含まれていて食べることができない部位まで、全34パーツで構成されている。


非可食部位パーツには“ドクロマーク”がついており、可食部位と非可食部位の違いが一目でわかるよう表現。


普段はさばくことができないトラフグをパズルで組み立てることで、子供から大人まで楽しみながら学ぶことができる。

解体して“てっさ”を作ろう!


また、“解体パズル免許証”と“包丁パーツ”つきでフグ調理師気分を味わえるのもグッドポイント。


“み”から“てっさパーツ”を取り出し、皿パーツの上にのせれば、本物さながらの“てっさ”を作ることができる。


思わず大人もハマってしまう「KAITAI PUZZLE」シリーズの新商品を、ぜひ手に入れてみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事
#