流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

野生ペンギンの姿がここに!可愛さも強さも詰まった「ペンギンごよみ365日」

このエントリーをはてなブックマークに追加


1年365日、それぞれの季節に見るペンギンたちの暮らしに思いを馳せる1冊「ペンギンごよみ365日」が、6月15日(月)に誠文堂新光社より発売される。

根強い人気を誇るペンギン

表情やひょうきんな仕草・動作が可愛らしく、動物園や水族館では常に人気上位のペンギン。しかし実際、世界で18種を数えるペンギンたちが多く生息するのは、凍てつく南極大陸、または南極大陸をとりまく広大な海に散在する、烈風が吹きすさぶ亜南極の島々だ。

そのため、野生のペンギンは、厳寒のなかで卵を温めつづける親鳥の姿や、当たると痛い雹や霰が降るなかでヒナを守りつづける姿が観察されることが多い。

1年365日それぞれのペンギンの姿


写真家の水口博也さんと、会社員であり野生生物写真家でもある長野敦さんが、南極の各地や亜南極の島々でペンギンの観察と撮影をした「ペンギンごよみ365日」2400円(税別)では、2人の透徹した観察眼と、優れた写真家としての技術を総動員。


1年365日それぞれの季節、それぞれの場所でとらえられたペンギンたちの美しい姿を写真に収めている。

たくましくも愛おしいペンギンたち


氷・空・海の美しさを背景にした、愛くるしいペンギンの表情や仕草は、見ているだけで癒されること間違いなし!

また、極寒の地で吹雪の中2カ月にわたって食事を摂らずに卵を温めるコウテイペンギンのオスや、親鳥の帰りを待ってからだを寄せ合う幼いヒナたちなど、厳しい環境のなかで懸命に生き抜く姿に愛おしさが倍加されるはずだ。


それぞれの写真に添えられた著者の言葉は、ときに温かく、ときに科学的な情報も盛りこまれていて読み応えがあり、ペンギンのミニ百科としても活用可能。

ペンギンたちの可愛らしくもたくましい姿を存分に堪能して!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事