流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MAMA, MONO

夏マスクをファッションの中心に!涼しい素材も選べるオーダーメイドマスク

このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日(月)、大阪・梅田の「USEDを拡張する進化型古着屋 “森”」が、自分の気に入った生地や服を持ち込んでマスクを制作する「オーダーメイドマスク」の受注サービスをスタートする。

マスクで夏のおしゃれを楽しもう!


リメイクスタジオを持つ同店による「オーダーメイドマスク」の受注サービスは、“日常の必需品となったマスクをただ身につけるだけでなく、ファッションの一部として楽しんでほしい”や“使い捨てのマスクではなく、洗って何度でも使用でき、環境にもやさしい物を作りたい”という想いで誕生。


お気に入りの布はもちろん、着られなくなった服やハンカチ、バンダナなどの持ち込んで制作でき、衣類のリサイクルとしても活用することができる。

4タイプのマスクをラインナップ!

制作できるマスクは全部で4種類。


正面はプリーツタイプで、耳にかけるゴムの部分をリボンに変更した「リボンマスク」2500円をはじめ、


スタイリングと柄をあわせやすく、ストライプやチェック、ペイズリー柄などがおすすめの「プリーツマスク」1300円、


口元に空間ができるため話がしやすく、レースや総柄での作成が◎な「立体タイプ」1300円、


通気性がよく発散性にも優れているため、涼しく使える「リネンマスク」1300円(いずれも税別)をラインナップしている。「リネンマスク」は周りのパイピング部分をオーダーで制作するが、古着が気になる人は同生地のリネンでも制作可能だ。

制作期間は約1週間で、<男性用サイズ><女性用サイズ>の2サイズで制作できる。

オーダー方法について

オーダー方法は、店頭での注文と、ONLINE STOREからの注文の2通り。

店頭での注文は、生地を用意した上で店頭スタッフに声をかけ、リメイクスタジオスタッフとの打ち合わせを行う。代金は先払い制で、受け取りは来店または送料無料の郵送にて。

ONLINE STOREからの注文は、Lineを通して打ち合わせなどを行い、通販ページにて決済し、郵送での受け取りという流れになる。詳細は「USEDを拡張する進化型古着屋 “森”」WebサイトのNEWSページで確認しよう。

子ども用マスクも制作中!


なお同店では、現在「洗って使えるキッズ用リネンマスク」も制作中。こちらは7月1日(水)販売予定となっているので、ママ・パパはこちらもあわせてチェックしてみて!

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事