流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

全幅約200mm!昆虫界最強の蜂「すずめばち」がカプセル玩具に登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンダイのガシャポン「いきものシリーズ」は、2018年8年の「だんごむし」を皮切りに、これまでに累計300万個以上を販売している人気シリーズ。

そんなシリーズに新商品が登場!カプセルの一部を商品にしたカプセルレス商品の最新弾「すずめばち」が、全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機にて順次発売中だ。

18箇所可動のリアルフィギュア

「すずめばち」1回500円(税込)は、実際の蜂と同様に針の出てくる仕組みが再現され、顎の開閉や触覚の角度調整など全身18箇所が可動するカプセル自販機専用商品。

<オオスズメバチ>全高約150mm・全幅約200mm、<キイロスズメバチ>全高約115mm・全幅約165mm、<クロスズメバチ>全高約115mm・全幅約165mmの全3種があり、驚異の大きさとリアルな造形に驚くこと間違いなし!


普段見ることの難しい舌や翅脈(しみゃく)も忠実に再現しており、「いきものシリーズ」で培った技術を集約した“神秘的な昆虫の生態”を感じることができるリアルな可動フィギュアとなっている。

ディスプレイして楽しもう


同商品は、自販機より搬出された状態から蜂の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとしての使用も可能。“飛行モード”と“アタックモード”の2つの形状でディスプレイすることができる。

リアルに再現された「すずめばち」で、昆虫の生態を身近に感じてみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事