流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

福島の再生と復興を願う「オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


オーガニックコットンの原綿を輸入し、「メイド・イン・ジャパン」にこだわった企画製造販売を行うアバンティ社のオリジナルブランド「PRISTINE(プリスティン)」から、「オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい」が新登場!

公式オンラインショップにて、7月7日(火)より発売中だ。

福島の畑の再生と復興を願う

オーガニックコットンのサスティナブルな暮らしを提案するブランド「PRISTINE」。同ブランドの手ぬぐいに使われているのは、福島産のオーガニックコットン“茶綿”。


この“茶綿”は、震災後、福島の畑の再生と復興を願い、農家の人や子どもたちなどが種を蒔き草をとり、手塩にかけて収穫したものだ。

同社では、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、そこで収穫されたコットンを製品化・販売する取り組みで、地域に活気と仕事を生み出し、福島から新しい農業と繊維産業を作り出すことを目指している。

蒲原みどりさんによる野あざみ

今回発売された「オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい」各2200円(税込)のデザインは、自然の風景を過去の記憶と重ねた絵画作品を制作するアーティスト・蒲原みどりさんによるもの。


着物に描かれた野山の風景の一部である「野あざみ」を、手ぬぐいにも映し出した「野あざみそよぐ」「野あざみゆれる」「野あざみよりそう」の全3種のデザインが揃う。

綿100%で、生地製造は静岡県、プリントは大阪府。サイズは34×90cmで、カラーはブラウン。洗ってもすぐに乾く手ぬぐいは、ハンカチ代わりとして日常的に使いやすい品だ。また、3つの柄をそろえて暖簾として使うのもおすすめ!


同社が国内で綿づくりを始めて8年たつが、同商品に使用している国産の綿はまだ5%。いつかは全量でまかなえるようにと、今年も全国各地で種を蒔くという。

育てているのは茶色の綿なので、収穫量が上がると手ぬぐいの色が濃い色に変わっていくというから、今後が楽しみだ。

福島の再生と復興の願いが込められた「オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい」の風合いを味わってみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事