流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

FASHION

ファッショナブルに社会貢献!アーティスト×サステイナブルTシャツ誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加


KURKKU(クルック)が「サステイナブル・ファッション・サークル(SUSTAINABLE FASHION CIRCLE)」をスタート!

デザイナーやアーティストとコラボしたTシャツが、7月29日(水)から「三越伊勢丹オンラインストア」と「PARCO ONLINE STORE」にて先行販売されるほか、8月5日(水)~11(火)の期間に「伊勢丹新宿店」「渋谷PARCO」でポップアップショップがオープンする。

ファッションから意識改革を


同プロジェクトは、小売店とファッションデザイナー・クリエイターが、“サステイナブルはファッショナブルである”という価値観を広めるためのムーブメントとして発足したもの。

いまの世界で起きていることや、これからの世界をより良くしようという姿勢を発信することで、多くの消費者に気づきや共感を得てもらうことを目指す。

プロジェクト名の“サークル”は、人の集まる集団としてのいわゆる“サークル”のほか、様々な立場や視点を想像力を使って思いやることをサステイナブルな姿勢として、多様な人や考えが円く調和した象徴としての“サークル”という意味が込められている。

インド農家の支援や売上を寄付


その第一弾として、ANREALAGE、WALNUT、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、minä perhonen、森本千絵(goen°)の5名のデザイナーやアーティストとコラボし、Tシャツを制作。

素材には、インド農家の支援となるサステイナブル素材「プレオーガニックコットン」を使用。

クルックが伊藤忠商事と協業で取り組んでいる、インドで農薬被害に苦しむコットン農家のオーガニック栽培移行支援プログラム「プレオーガニックコットンプログラム」では、移行期間の綿を買いとり、オーガニック農法を指導したり、オーガニック認証をサポートすることで、その課題を乗り越えられるようサポートしている。

また、売上の5%はコロナ禍で苦しむシングルペアレンツと子供たちを支援する活動に寄付される。

このアイテムは、8下旬に「NANO UNIVESE」でも展開開始予定。ファッションを通した社会貢献活動を、ぜひチェックしてみて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事