流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

日本酒アイス「SAKEICE」に純米酒「今代司」×「村上茶」の新フレーバーが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


大人な味わいのアイスクリームはいかが?

東京・浅草の日本酒アイスクリーム専門店「SAKEICE Asakusa shop」にて、日本酒をアイスクリームにたっぷり練り込んだ新体験アイスクリーム『SAKEICE』の新フレーバーが登場。新潟・今代司酒造とコラボレーションしたアイスクリーム2種「今代司×村上紅茶」「今代司×村上緑茶」の販売が始まった。

アルコール度数の高いアイス

日本酒を混ぜ込んだ同店のアイスクリーム“SAKEICE”は、アルコール度数の高い大人な味わいのアイスクリーム。アルコール度数は約4%で、従来の酒粕入りのアイスクリームなどとは異なり、日本酒をたっぷりと利用しているのが特徴だ。

天然水を使用した今代司酒造の看板酒

今回は、新潟をテーマとした新フレーバー「今代司×村上紅茶」と「今代司×村上緑茶」が登場!


1767年創業の「今代司酒造」は、新潟県新潟市にある酒蔵。アルコール添加を一切行わない全量純米仕込みにこだわっている。

今回の新フレーバーに使用している「天然水仕込み純米酒 今代司」は新潟県五泉市“菅名岳”の天然水を使用した、今代司酒造の看板酒。純米らしい旨みがありながらサラリとした口当たりが特徴だ。

国内北限で栽培されたお茶「村上茶」

「村上茶」は新潟県村上地方に産するお茶。国内北限のお茶の栽培地で育てられたことで、寒冷な気候により渋みが少なく甘味があるのが特徴だ。

明治時代には「村上茶」で紅茶が作られており、海外にも輸出され高い評価を受けていたという。栽培製造販売元である「冨士美園」は、2004年にその紅茶を約100年ぶりに復活。

今回は、そんな「村上茶」の紅茶&緑茶のそれぞれをアイスクリームに使用。日本酒の旨味が感じられつつもお茶の豊かな香りが楽しめる、上品な味わいの日本酒アイスに仕上がっている。

新フレーバーが続々登場!

同店ではほかにも、丹波・西山酒造場の「小鼓 純米吟醸」や、茨城・磯蔵酒造の「稲里 辛口」を使用したアイスが新フレーバーとしてラインアップ。

また、ノンアルコールのアイスも登場!フルーティな味わいを楽しめる季節限定の「トロピカルソルベ」や、酸味と濃厚な甘味のバランスが絶妙な「ブラッドオレンジソルベ」は、妊娠中・授乳中の人や、子どもにもおすすめだ。

新体験アイスクリーム『SAKEICE』の新フレーバーを早速味わってみてはいかが?

■「SAKEICE Asakusa shop」
住所:東京都台東区浅草1-7-5

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事