流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

軽井沢幻の“三笠ホテルカレー”が「ELOISE’s Cafe横浜ハンマーヘッド店」に登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


横浜みなとみらいの「ELOISE’s Cafe(エロイーズカフェ) 横浜ハンマーヘッド店」に、軽井沢幻の「三笠ホテルカレー」が登場!

軽井沢幻のホテルカレー

「三笠ホテル」は、1906年(明治39)年に創業し、惜しくも1970(昭和45)年に営業を終了したものの、1980(昭和55)年に国の重要文化財に指定された純西洋風建築のホテル。現在では、「旧三笠ホテル」として軽井沢の観光名所にもなっている。

「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれ、有島武郎や近衛文磨、大隈重信、渋沢栄一など、多くの政治家、財界人、文化人に親しまれた歴史あるホテルだ。

当時のレシピに名産ルバーブをプラス

そんな日本の名だたるVIPたちが愛した三笠ホテルのカレーを再現した「三笠ホテルカレー」が、今回、「ELOISE’s Cafe横浜ハンマーヘッド店」に登場。

当時のレシピを忠実に、かつ当時のシェフとともに現代人の舌に合うように少しアレンジしているのがポイント。辛さと渋みが目立った当時のレシピに、軽井沢の名産でもあるルバーブのジャムを加え子どもから大人までが美味しく味わえるようにまろやかな風味に仕上げている。


テラス席も開放されている「ELOISE’s Cafe横浜ハンマーヘッド店」。軽井沢の歴史の詰まった一品「三笠ホテルカレー」を、この機会に味わってみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事