流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

もしもの時に備えよう!愛犬が自分で持ち運べる犬用“避難用バッグ”が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


9月1日は「防災の日」。人間にばかりに偏ってしまいがちな防災対策だが、もしも災害が起きた場合、家族の一員であるペットにとっての防災対策も重要だ。

東京世田谷区に本社のある平和会ペットメモリアルパークは、横浜市都筑区の盲導犬総合支援センターとの共同企画で、もしものときに備えた“ペット専用避難グッズ”の販売を開始した。

ペットの大きさに合わせた2種類展開


この避難グッズは、小・中型犬用の「避難ライフバッグ」1万4300円と、


大型犬用の「避難ライフバッグL」1万6500円の2種類が用意されている。


防炎素材でできていて、お腹の下と首の2カ所をマジックテープで留めてカンタンに装着することができ、赤いラインは反射材にもなっていて夜間でも安心だ。また、もし離れ離れになったとしてもペットの名前がわかるように、愛犬の名前や連絡先を書いて入れられる透明ポケットが付いている。


マチたっぷりの両側バッグには、水や取り急ぎのドッグフード、うんち袋などを収納可能。


医療物資が不足する中、もし愛犬が怪我をしてもすぐに獣医師に診てもらえるよう、最低限の医療用品3点も同梱されている。

これらの「避難ライフバッグ」はチャリティーグッズにもなっていて、売上金額の一部は盲導犬総合支援センターを通じて、補助犬育成及び障がい者の社会参加の支援活動にあてられる。

販売は平和会ペットメモリアルパークの公式オンラインショップにて。ペットの防災についても日頃から備えておきたい。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事