流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME, OTOKU

北海道余市町でワイン×アウトドアを楽しむ!大型グランピング施設OPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイレベルなワイナリーが集積する北海道余市町に、道内屈指の大型施設「余市ヴィンヤードグランピング」が9月18日(金)よりオープン。

“ワインツーリズム”を絡めたグランピング

北海道余市町は、北海道内一の生産量を誇るワイン醸造用のヴィンヤード(ブドウ畑)があり、構造改革特別区域法による「北のフルーツ王国よいちワイン特区」に認定されている地域。

同町は、一躍世界のワイン愛好家からも注目が集まるワイン生産地となったが、家族経営に近いワイナリーも多く、日中の見学やテイスティングなどの対応が追いついていないという。また都市圏や海外への出荷が多く、現地でワインを購入し地域の食材に合わせて楽しみたいという、ワインラヴァーの要望に対応できる事業者も数少ない。

そこで、北海道内企業や山梨をはじめ各地で“ワインツーリズム”企画を運営している法人「ワインツーリズム」などが共同出資したピエス社とキリンジ社がパートナーシップを結び、“ワインツーリズム”を絡めたグランピング施設を開業することとなった。

ヴィンヤードやワイナリーが並ぶ丘陵地帯

同施設は、札幌から自家用車で1時間圏内、丘陵地帯にヴィンヤードが広がりワイナリーが並ぶ登地区の一角にオープン。約1万平米の敷地に、宿泊テントが20棟という道内屈指の規模を誇る。人気のワイナリー「ドメーヌタカヒコ」の畑の麓というロケーションだ。


客室はヨーロッパを意識したインテリアでコーディネートされ、暖房設備なども備えられているためアウトドアでも快適。

美しい丘陵地帯とそこに広がる葡萄畑が織りなすランドスケープ、その大地から生まれる質の高い余市のワインを、エゾシカなど現地の食材を用いたバーベキューとともにグランピング滞在を楽しめる。

「勝手にどうみん割」+Gotoでお得に!

宿泊料金は、平日素泊まりで1棟16500円・1名4125円~(税込)。

各テントにはダブルベッドが2台備えられていて、定員は大人2名・子ども2名まで。ファミリーでの滞在にもぴったりだ。

またグランドオープン記念として、独自に北海道在住者対象の「勝手にどうみん割」を実施するので、Gotoトラベルキャンペーンと併用すると、宿泊は1名1340円からとお得に!

三密を避けた、大自然を満喫できる新たなアウトドアスポットとして注目の「余市ヴィンヤードグランピング」を訪れてみては。

■「余市ヴィンヤードグランピング」
住所:北海道余市郡余市町登町1399-1

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事